おかしいと感じたら早めの対処を

こんにちは。
来週辺りからいよいよ冬を感じる気温になるそうです。
今年も秋が短かったような・・・・。

コロナウイルスも収束する気配もなくインフルエンザの流行もあるのでしょうか?
怖い世の中です。
アメリカ大統領選もすんなりとはいかない気配、これで大統領が変われば変わったで
世の中の情勢はまたおかしくなるような暗示も。

いったいどうなっているのでしょうか。

さてそんな中でも黙々と修理に没頭しておりますホンダオートプレイスです。
先月はまだまだ以前のような忙しさには及びませんが
それでも皆さん修理を依頼していただいておりますこと感謝しております。

今回は最近よくご相談を受けます事例や日々の修理内容をご紹介します。
まずは以前から度々ご相談を受けているのがフリードなどのCVTの異音に関するものです。
販売台数が多いからなのでしょうが発進時から速度ががるにつれグ~というかガ~というような
原付バイクの音のようなものが前から聞こえてくるという事例。
今これを見ている方もそうそう自分のもと感じている方も多いかもしれませんね。
これは治るのでしょうか?

答え、CVT本体交換です、トルクコンバーターセットで。

残念ですが基本交換と思ってください。
他車種では何台か止めた実績はございますがすぐに止まるものでもないため
こちらとしても絶対止まりますとは言えません。

今はこれ以上悪化しないよう対応はしております。
音を消したい、すぐにでもという方はただ1つCVT交換をしてください。
30~40万円(車種によって)はかかるでしょう。
中古車買ってすぐという方は大変不幸なことですがこれが現実です。
どうも他メーカーでも出ている症状ですがCVTならではの症状なのかもしれません。
それではなぜ異音が出るのかと言いますと、原因はただ1つ。

CVTフルードをきっちりと取り換えていないことによフルードの潤滑性能の低下
によるものと考えております。
お客様に整備状況をヒアリングしますとCVTフルードは取り換えた記憶があるなど
おっしゃいます。
しかし履歴をみますと確かに1度取り換えていますが全容量交換ではなく
部分交換という事が多々。

また1回目の交換が遅すぎてなお且つ部分交換だったりまたその逆で
1回目が早かったが部分交換でそれ以降行っていないなどが多くみられます。

もうあまりディーラーにCVTの管理やATの管理はさせない方がいいかもしれません。
こんな事例がたくさん出ていても対応は変わらないと思います。

今この記事を見た方はあとで整備記録簿を確認してみてください。
交換部品の一覧にHMMFとかZ1とか書かれていてその使用量に
3~4L程度の量であれば部分交換という認識を持ってください。
トルクコンバーター付きATやトルクコンバーター付きCVTは
6~8Lが内部容量となります。
ですから全量交換するにはそれ以上の使用量となります。

あくまでも参考までに判断、確認してください。

という事で最近ほんと多い相談の為紹介しました。

それでは最近の事例に移ります。
千葉県松戸市よりステップワゴンスパーダ(RK5後期型)の
S様より走行中キーンというかフイーンというような音がするという事で
ご来店いただきました。

左側に壁などがあると聞き取りやすいという事でテストを行いましたら
確かに聞こえてきます。
常時だという事でブレーキの引きずりなどではない音、アクセルを踏んでいるときが
聞こえてくることからやはりCVT内部の音です。

以前にもATでしたがそういう経験がありましたのでわかりました。
これはトルクコンバーターから出ている音、ポンプやタービンフィンの
音だと考えます。

個体差はありますが多少は音は出ています。
しかし走行中に聞こえてくるようであればそれなりに外部からも確認ができるほどの音が
出ています。

表立って異常な症状がないならさほど問題はないと思いますが
将来を考えますとやはり何か対応はしてあげなければなりません。
当店ではフルードの全量交換又は内部洗浄を行っております。
これですぐに消えるとは考えませんがフルードの流れや潤滑機能は
上がりますのでトルコンの負担は軽減すると思います。

もしこのような事例が当てはまるようであれば上記の対応をしてみるのも
良いかと思います。

今回は内部洗浄で対応させていただきました。

後日S様からメールをいただきまして音がシューンという音に変化し
音の大きさも1/5程に低下しましたという報告を受けました。
大変良かったと思います。

これからは定期的交換をして長く乗っていただければと思います。

ありがとうございました。

そして次の事例です。
豊島区よりモビリオスパイクのA様から
発進時のジャダーとガキンという音がするという事で
修理ご依頼されました。

症状は常時出ているようですぐに確認ができました。
CVTの状態が相当悪いのではとはじめ思っておりましたが
実際に確認しましたら原因が2つであることがすぐに判明いたしました。

1つはジャダーですがこちらはCVT本体、もう1つはミッションマウンティングの
亀裂、損壊でした。

CVTは修理対応で解決いたしました。
ガキンという音はミッションマウンティングが原因ですが
他サイドマウントやリアマウントを確認しましたら
リア側も亀裂あり、エンジンサイドマウントは硬化、痩せでこちらも
合わせて3点交換させていただきました。

この当時のモビリオ、スパイク、フィットはこのようなことになります。
エアウエイヴは形状が違っていますので(おそらく対策されたんでしょうね、後発の強み)
このようなことはあまり起きません。
この冬場エンジン始動後インパネ周りが騒がしく感じたらマンティング交換時期です。
静かになりますので試してみてください。

修理後はすっかり静かになり、走行も発進時からスムーズですので
他人の車に乗っているような感じを抱いたのではないかと思います。

これで他に影響も出なくなると思います。

ありがとうございました。

そして次の事例です。
青梅市よりフィットのI様が滑るような症状が出たという事で
修理ご依頼いただきました。

この症状はたまにお受けしています。
低速域だったり、高速域だったりする方がいらっしゃいます。
普通に考えればCVT交換となりますが当店では修理します。

また、再現テストしている最中他の症状も出ているこちが判明。
その症状とは点火系特有のノック症状です。
こちらも併せて修理することになりました。

CVTの方は初めは再現出来ず、ロングテストを行なっていましたら
20h/kmあたりから振動が出始めました。
これも滑る症状の初めに出てくる症状です。

これをもっと走り続けると滑って更けあがるような症状が出たと思われます。
これをもって修理に移ります。

修理後は更けあがる症状や振動、またノック症状もすべて出ません。
これで大丈夫です。

ありがとうございました。

このような奇妙な症状は何もめったにない症状ではありません。
当店ではたくさんの事例の中でもよく見受ける症状です。
万が一このような症状を経験しましたらすぐにご依頼ください。

修理対応いたします。

お任せください。

つづく・・・・。

 

 

 

大変ご無沙汰しております!

こんにちは。
コロナ過の状態で皆さんちゃんと対策してお仕事されているかと思いますが
大変じゃないですか?

私も大変です。
工場で作業中はさすがにマスクは外しますが、お客様が来店されればまたマスクをしての繰り返しで
面倒ですが今はまだ仕方ないですね。

早く収まってほしいものです。

このなかでも6月以降は徐々に忙しさを取り戻してようやく以前の状態に戻ってきた感じはします。
緊急事態宣言下ではなかなかブログのアップはしずらい為おとなしく営業しておりましたが
やはり修理の依頼は5月はどえらく落ちまして、宣言解除後は少しづつ取り戻しては行きましたが
すぐに回復とはいきませんでしたね。
7月に入りようやく忙しいな~という感覚を取り戻しました。

当店ご利用のお客様たちから〝やってる~!″なんて心配の電話もいただいておりました。
でも有難かったですね。
こんなうちでも心配してくれてるんだと。
ますます頑張らなくちゃと思いましたね。

という具合です。
当店は何とか取り戻せましたが、取り戻せず閉業されたりした方もたくさんいらっしゃると思います。
おそらくこれはまだまだ続き年末にはボーナス不支給という話も聞きます。
年末にかけてもっと大変な状態が出てくるような気がしてなりません。

皆さん乗り切っていきましょうね。
頑張りましょう!

 

そして当店の近況です。
今週は懐かしいJW1の車検整備やJB1ライフのパワステギヤボックスの交換、エアウエイブの
走行中滑り症状などの修理などを作業しておりました。
今日は車検で入庫のRB1オデッセイをせかせか作業中です。

千葉県のM様からのご依頼のトゥデイ
車検整備です。
今回はブレーキリフレッシュです。

埼玉県のM様からのご依頼のライフ。
走行中ガタガタと跳ねるような症状という事での修理です。
原因はギヤボックスのガイドが割れてしまってるんですね。
材質の問題だと思うんですがね。

あともう1つはリアのドアロックが開閉できなくなってしまうという症状。
こちらはアクチュエーターの力が弱まってしまって起こります。
こちらはアクチュエーター単体で部品が出ますので交換で完了です。


小金井市よりご依頼のエアウエイヴ。
こちらは発進後滑り症状です。
CVTはもともと滑りを利用して走行しておりますが
こちらはそれがもっと酷くなっている状態。

原因はHMMFに添加剤を投入してしまっていたことが原因。
もともとジャダーが出ていたのでCVTジャダー解消で有名な〇〇〇〇を入れたところ
すぐに解消したので良かった良かったと思っていたのですが
ある時からどうも力がないような感覚に襲われDランプも点滅し
それからはどんどん酷くなったという事です。

基本オートマ内部には添加剤は厳禁です。
このように同じ症状でのご依頼はたくさん受けております。
多摩にホンダカーズで入れられたというお客様や中古車やショップさんで
またはオート〇〇クスで入れたなども聞きます。

壊れてもいい覚悟があるならいいのですが、そんな方いないですよね((笑)
ちゃんと修理やメンテナンスをしましょうね。


羽村市より車検整備でご依頼のK様です。
今回はヘッドライトが暗いのでHIDバーナー交換やルーフモール交換
ディスクローター交換、ATF交換などたくさんの依頼を受けております。
きちっと作業しておきます。


以前と違ったご紹介方法ですがよかったらまた見に来てください。

また、沢山ご紹介したいお客様もたくさんいらっしゃるのですが大変申し訳ありませんが
今回は省かせていただきました。

なるべく沢山アップするよう頑張っていきますので、今後とも覗きに来てください。

 

つづく・・・・。

緊急事態宣言解除になりました

こんにちは。

ようやく東京も全面解除になりました。
きつかったですが陽性者も大幅に少なくなり少し緊張が解けたかな
と思う次第ですが、これからが本当に大変だと専門家の方たちは言っています。

第2波、第3波がいつ来るのか心配です。
お店もアルコール消毒液なども用意しておりますが
1番はやはりマスクでの防御なんでしょうか。

なるべく緩まないようにしていきたいと思います。
しかし、5月に入ってから当店にもコロナ不況が突然やってきた感があります。
4月も若干3月に比べ落ちていましたが今月は比べ物にならないくらい
いや、今までで1番暇な1月を過ごすことになるとは思いもしませんでした。

やはり予約のキャンセルや車検の延長などが多く、当店は他府県の方も多く修理依頼があるため
東京の感染者数を毎日ニュースで見ていればおのずと修理は終息してからてことになりますよね。
また、お勤め先で不用意に東京へは行かないようにという辞令もあったそうです。

本当に映画のようなことが起きたんだとつくづく感じました。
亡くなられた方は大変お気の毒だったと思います。
心からお悔やみ申し上げます。

さて、暇な日が多かったんだからブログくらい書けよと思われると思いますが
やはり気を使いますね。
こんな時に時短営業をなさっている会社もあれば泣く泣く休んでいらっしゃるお店もありますので
うちはやってますからどうぞどうぞなんて言えませんからね。

しかし解除になりましたのでもしご来店いただけるお客様はどうぞお待ちしておりますので。
お急ぎの修理の方もいらっしゃるかと思います。
代車も御用意できておりますのでどうぞご来店お待ちしております。

それでは何件かご紹介いたします。
まずはモビリオスパイクのT様がCVTなどの修理で秋田県よりご来店いただきました。
大変遠くからありがとうございます。

T様は今回2泊3日の予定でご来店いただきました。
滞在時間は決まっておりますので何が何でもしっかりと治してみたいと思います。
まずはCVTですがオイル交換をしても再発しやすくどこかに問題があるのではという事で
ご依頼いただきました。

正解です。

よくありますね。
CVTオイル交換したが1~2週間したらもうジャダーが出始めたとか
持って3か月くらいしたらまたジャダーが出始めたとか。
1年以内に再発する方は1度きちんと修理したほうがいいですね。
放置しているとスタートクラッチの傷みが酷くなり、クラッチ交換又はCVT本体交換に至ります。
今はほぼ100%本体交換を言われますね。

高くつきますから早めの処置が良いと思いますよ。

あと、T様もそうですが発進時や停止時にガツンと言うショックと同時にギヤがつながらなくなる現象が
多く出ております。
モビリオ、スパイク、エアウエイヴの方で特に多いのはエアウエイヴです。
こちらの方も早めに処置したほうがいいですよ。
原因がわからないというディーラーも多いです。

そういわれた方はぜひ当店にお越しください。

T様の場合は地元の修理工場でいいところをついて修理はしていたのですが
使用した部品がちょっとなというものでしたので治らなかったようです。
当店では部品は間に合わないのですが代用で中古部品は持っていたので交換したところ
今までよりは良くなりましたのでこれで対応させていただきました。
いつかは新品部品の交換をお勧めします。

それと今回は同時にエンジンマウント全交換やドライブベルトも交換いたしました。

2泊3日と短い間でしたが出来る限りのことは対応させていただきました。
また何かの際は御利用いただければ幸いです。

ありがとうございました。

そして次のお客様は栃木県よりステップワゴンスパーダのK様が
CVTの不調でご来店いただきました。
東京の感染爆発の中奥様から危険だから行かないでと言われて大変迷われていましたが
その為に代車は100%用意させていただいておりましたので外部との接触は
無いためご来店いただきました。

お預かりしている間は常に除菌などをさせていただきました。
そして今回CVTの不調というのは今までも何台かご紹介していますが
走行中のエンジンの吹け上がり症状です。
いわゆる滑る症状ですね。
滑る症状がひどくなりますとDランプが点滅してしまうため怖くて乗れないという方が大変多く
出ております。

人気車のステップワゴンだけに多くの方が出ているのではないかと思われます。
この症状は100%CVT本体交換といわれます。
おそらく当店だけではないでしょうか?
修理で対応させていただいているのは・・・・。

K様のスパーダも他のお客様同様同じ滑る症状を確認いたしました。
また、この症状が出ている方はエコモードで走るともたつくは加速感はないはで
えらく酷い車に感じるのも皆さん同じことをおっしゃいます。
そういうもんだと思いエコモードは使いませんという方もおられます。
しかし修理後は全く別物に生まれ変わります。また、エコモードでのストレス感も
なくなるため大変有意義な修理だと思います。

もしホンダカーズや修理工場でCVT交換と判断された方はぜひ当店に
おいでください。

K様のスパーダもすっかり生まれ変わりました。
良かったです。

ありがとうございました。

そして次のお客様はRC1オデッセイのS様です。
S様のオデッセイは修理ではありません。
CVTオイル交換です。

最近のCVTはレベルゲージもなく交換も大変な為断れたり
ホンダカーズでも部分交換のみ対応となっています。
また、ポンプを回すなどの対応もあるた以前のような交換ではできなくなっています。

ですからまだ1度も交換したことがないという方も多く
当然ですが部分交換では全くダメで逆に後々異音の発生や何らかのトラブルに見舞われることが
予想されるため気を付けてください。

今回は全量交換できっちりと交換させていただきました。

満足いただけたかな?
ありがとうございました。

今回は3人の方のご紹介でした。
また、最近多く依頼される修理やこんな事もあったなど目についたことがあれば
なるべくご紹介するようにいたします。

そうすることでこれを見てくださっている方で、あっ、俺のと同じ症状だと思われれば
修理できるかもしれません。
つたない文章ですが目にとめてくだされば幸いです。

 

つづく・・・・・。

 

今年も1月から忙しい毎日です!

こんにちは。
年が明けてもう1ヶ月が過ぎて2月第1週も終わり。
忙しすぎてブログにまで手が回らず、相変わらず皆さんには
御心配をお掛けしているようです。

やっているのかな?
なんて言われます。 笑

もちろんやってますよ!

1月は営業初日から遠方から(新潟県)御来店頂きました。
当店は比較的関東周辺の御来店は普通に多いですが
時々東北、北陸、中部、関西からの御依頼も有ります。

昨年も沢山の遠方からのご依頼修理を頂きました。

今年も沢山の遠方からの御依頼が多い予感が致します。

最近はステップワゴンRK1やRK5スパーダ共に前期型のCVT不調の御依頼が
多くなってきました。
人気車種だけに数も多いと思います。

ホンダカーズでは100%CVT本体交換の診断が下されるようです。
確かに症状からすると何だこれ!?というような症状です。

スタート時から40km/hくらいまでの間に明らかにエンジンが吹け上がるような症状や
80km/h~辺りでも同じような症状が出ます。
また、ボディ振動するものも確認しております。
当社ではRK系に限らずRB1、RB3オデッセイやRG3ステップワゴンでも
修理経験があったので原因は同じではないかと考えRK系にも当てはめて修理しております。

また、相変わらずフリード等のCVTのモーター音やモビリオ、スパイク、エアウェイヴのCVT修理や
御相談も相変わらず多いです。
新車からのオーナーさんの場合はいたしかたない部分も有りますが
中古車で買った方の場合は洒落になりませんよね。

何に置いてもやはりメンテナンスが行き届いていないと
こんなことに悩まされることになりますので注意して下さい。

またせっかく修理したのにまたその後メンテナンスをされない方もちらほら
お見受けします。
懲りて無いのかな?なんて思います。

修理で治しても1度起きたダメージは少なからずあるのでもっとメンテナンスに
目を向けて行かないと同じ事を繰り返してしまいます。

気をつけましょうね。

2月も予約をどんどん頂いておりますが
平日等の空きも有りますので御相談下さい。

また3月の車検は大変込み合います。
整備は出来ても陸運局の検査予約が早くから埋まっていきますので
予約が取れない状況になります。

3月車検満了のお客様は早めに御依頼お願い致します。
また3月の車検での代車の期間は3泊4日までとさせていただきます。
それ以降はお出しできないので御了承下さい。

それではまた次回またいつになるかわかりませんが
なるべく更新するよう努力致しますので、チェックはお願い致します。

つづく・・・・。

CVT搭載車に異常頻発

こんにちは。
大分お久しぶりの投稿です。

毎回反省はしてこまめにとは思いつつなかなかブログ更新が
思うようにいきません。
今まではまとめて書こうと思うばかり、大変になってしまうので
今後はピックアップした案件をアップしていこうと考えています。

なるべく沢山のお客様の作業を御紹介してきましたが
やはりなかなか進まない為今後は最近多く発生している案件や
オートマ、CVT関連の不具合などを中心に御紹介していこうと思います。

今後もどうぞ飽きずにチェックお願いします。

しかし更新がこんなベタな感じなのに修理のご依頼、お問い合わせは
毎日頂いており感謝しております。
お休みに関しては毎週火曜日、第1第3水曜日、それ以外の臨時休業等に関しては
ホームページにて発信しておりますのでそれ以外に関しては営業しておりますから
ご安心ください。

というわけで今回は最近多く御相談や修理が多くなってきた案件です。
とりわけ多い車種はRB1,RB3、RK1、RK5ですが
すべてCVT搭載車に限ります。

症状としては発進直後もたつくような加速、速度とエンジン回転数の比率に異常を感じる
判りやすく言うとエンジン回転数は上がっていくがスピードが乗ってこない、Dランプが点滅する
エコモードに入っていると調子悪いがモードをオフにすると多少改善する等。

もしこのような症状のある方がいらっしゃれば当店にお持ち込みください。
先日も埼玉県狭山市のT様のオデッセイRB1ですが上記症状に悩まされておりました。
走行距離は9万7千km、まだまだの車です。

大体このような症状が現れてディーラーに持ち込むとまずは症状の確認が出来ない、
さほど悪くない、こんなもんですよという感じの回答もしくはCVT本体を交換してみないと
何とも言えないなど。

いずれにせよ、原因不明という感じでしょうね。
当店も初めはいろんなケースも有りうるという感じで色々調べてみましたが
はっきりとここがというところに行きつきませんでしたがようやく原因が判明しました。

それは・・・・・・・・。

ごめんなさいね。
ここはネタバレさせることは出来ませんので御了承下さい。
そこは修理させてください。

また以前にもご紹介いたしましたがCVT搭載車のモーター音ですが
やはりどんどんお問い合わせが多くなってきております。
とにかくこれに関しては予防が1番の策と思ってください。

当方のブログを読まれている方はこれで予防が出来ますが
大半は起きてから当店にいきつく方も多い為予防が取れない方も
多いのですがとにかく定期的に(2年または2万km毎)CVTオイル全量交換を
純正オイルで交換して下さい。

RC1のCVTでもリコールが出てますよね。
原因は冷間状態で走行を頻繁に繰り返しているとCVTプーリーの油圧不足が
起きてしまうと。

私はしつこいくらい暖機してから発進して下さいとブログでも修理させていただいたお客さま方にも
言っております。

これが出来ないと劣化したオイル等ではよけいにリスクは高まり異音や振れの
原因等に繋がると考えております。

これを読んだ方は是非CVTオイルのメンテナンスをされているか今一度確認して
見てください。

つづく・・・・・・。

祝!令和

こんにちは。
お久しぶりとなります。
すっかりサボり癖というかブログを書く癖が抜けてしまっているというか
忙しすぎて書く時間が取れないのは本当なんですが、たまに時間が空いた時等に
書けばいいのですが、つい普段の疲れを癒す時間に取られてしまっています。

これではいけないのですがね。
でも沢山の方からお問い合わせや修理依頼などで御来店頂いております。
本当に感謝しております。

元号も変わりお祝いムードも少し和らいできましたが、長期連休された方は
仕事のペースに戻るのが大変なのでは?
私もそうです。
そろそろピッチを上げねば!

連休前は緊急でCVTの不具合などで修理等沢山お預かりし、修理に明け暮れる毎日でした。
大半の方はディーラーに飛び込んでみたものの修理不可!
治すことは出来ない!リビルト品に載せ替えるか代替えした方が良いんじゃないかという始末。

当然ですがディーラーは売る事がメインの会社。
新車で売った方も最初の5年間は、なんて良い販売店、なんて良い営業マンなんだろうと
思った方も多いかと思いますが、それもつかの間。
保証も切れた2回目の車検後からは何かにつけて代替えを勧められ、修理で相談に行くと
見積もりは全て交換前提の高額見積もり、その上そのお金を頭金にして代替えした方が良いでしょう
と押し売り状態になる事が多いようです。

もう少し顧客の事もちゃんと考えてあげてほしいものです。
気に入っているから治したい、もっと長く乗っていたいと考えているユーザーさんは
沢山いるんですからね。

そんなディーラーが多い為か当店に修理の御相談で御来店頂く方は多いです。
当店は長く乗りたい方を応援する修理工場です。
いつでも何なりと御相談下さい。

親身になって御相談を伺います。
また修理の際は工場代車は無料でお貸ししております。
急な修理に関して先立つものがと心配される方もご安心ください。
修理クレジットやカード決済(国際カードもOK!)、電子マネーも取り扱っております。

是非お待ちしております。

つづく・・・・。

大雪と言ってたのに・・・・・

こんにちは。

今年初めての御紹介(更新は2回目ですが)となりまして
もう何月だっ!って言われそうですが、批判にも負けず
書いていきたいと思います。

今日は今年最大の寒波で東京も大雪が降ると言って
構えていたのですが、今現在全く降っておりません。

朝のうち少しみぞれが降っていたのでやはり大雪になるかと思っていたが
なんじゃこれ!?という感じです。
気象予報士たちはこぞって大雪、大雪とあおっていたが
昼頃がピークと言っていたので今(PM12時ですが)がこれなら
もう大丈夫なんだろうか?

おかげで本日の予定も大狂い。
明日も遠方からの予定が入っていたがキャンセル。

最悪な3連休となりそうです。

さてそれでは修理させていただきましたお客様を御紹介します。
まずは川口市よりラグレイトのK様が車検整備で御来店頂きました。
今回初めてご依頼頂きました。




車検ではオートマ内部洗浄を筆頭に悪い箇所等交換いたしました。
ありがとうございました。

そして次のお客様は多摩市よりオデッセイのY様が
オイル漏れで御来店頂きました。


エンジンよりオイルが漏れておりました。
1つはオイルパン、もう1つはスプールバルブからのオイル漏れ。
修理、交換させていただきました。
ありがとうございました。

そして次のお客様は千葉県野田市よりモビリオのY様が
発進時のジャダーの修理で御来店頂きました。


また同時に1年点検のほか部品交換等行いました。
良い状態に戻り良かったと思います。
ありがとうございました。

そして次のお客様は埼玉県川口市よりオデッセイのI様より
オイル漏れの修理で御来店頂きました。




オイル漏れはミッションからでデフのオイルシールから漏れておりました。
ドライブシャフトを外しオイルシールを交換。
また同時にATF全量交換、エンジンオイル交換等も致しました。
ありがとうございました。

そして次のお客様は多摩市よりモビリオのT様が
発進時のジャダー修理で御来店頂きました。


また、加速中にエンジンが逝きつくような事が有るという事で
同時に修理させていただきました。
状態もようやく正常になり良かったです。
ありがとうございました。

そして次のお客様は八王子市よりシビックシャトルのH様が
ドライブシャフトのブーツ交換で御来店頂きました。




車高も低くしてある為よけいかもしれませんが、経過年数が1番かな。
インボード及びアウトボードブーツを交換いたしました。
また交換の際ブレーキホースからブレーキオイルが漏れだしている事が判明。
また後日ブレーキホース交換でお預かり、修理致しました。
純正部品はもちろんですがとっくに販売終了となっておりますので
通常は汎用的なスチールホースを使用して交換が一般的ですが
今回は純正同様同タイプのブレーキホースを使用して交換いたしました。
もちろんEFシャトル専用です。




ありがとうございました。

そして次のお客様は埼玉県春日部市よりモビリオスパイクのO様が
発進時のジャダーの修理で御来店頂きました。



また、エアコン使用時にガラガラと音が大きいので
同時に修理、ブレーキパッドも残りわずかだった為交換いたしました。
これで安心して乗れますね。
ありがとうございました。

そして次のお客様は東大和市よりエディックスのT様が
定期点検で御来店頂きました。


点検ではフロント及びリアのブレーキパッド交換、エアークリーナーエレメント交換
エンジンオイル交換を致しました。
ありがとうございました。

そして次のお客様は静岡県伊東市よりモビリオスパイクのH様が
車検整備で御来店頂きました。





以前CVTの修理をさせて頂きまして、是非車検整備もと御依頼頂きました。
大変うれしい限りです。
今回はリアハブベアリング交換や冷却水交換、ラジエーターキャップ交換、ヘッドライトバルブ交換
CVTオイル交換、ブレーキオイル交換、エンジンオイル交換、エアコンフィルター交換等
致しました。
ありがとうございました。

そして次のお客様は横浜市よりモビリオのT様が車検整備で御来店頂きました。



車検整備ではブレーキオイル交換、エンジンオイル交換、CVTオイル交換、エアークリーナーエレメント交換
ドライブベルト交換、アイドルプーリー交換、冷却水交換、ラジエーターキャップ交換
エアコンフィルター交換等行いました。
ありがとうございました。

そして次のお客様はさいたま市よりバモスのU様がオートマ内部洗浄で
御来店頂きました。

変速ショックも大きいので内部洗浄の効果を見せたいところです。
走行距離もすでに15万kmオーバーです。
普通では怖くて交換を断られる距離です。
しっかり洗浄させていただきました。
変速ショックもどこへやら。
ありがとうございました。

そして次のお客様は稲城市よりUSオデッセイのA様が車検整備で御来店頂きました。



今回の車検整備ではブレーキオイル交換、ATF交換、エンジンオイル交換
エアーエレメント交換、タイロッドエンドブーツ交換、ウインカーのポジションユニット交換など
行いました。
ありがとうございました。

そして次のお客様は小金井市よりモビリオスパイクのS様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。


ありがとうございました。

そして次のお客様は埼玉県川口市よりエアウエイヴのK様が
CVTオイル交換、エンジンオイル交換で御来店頂きました。


ありがとうございました。

そして次のお客様は千葉市よりプレリュードのF様がATF交換で
御来店頂きました。


御来店直後ボンネッとを開けるとプ~ンと甘い香りが。
するとアッパータンクとアッパーホース付近に緑色のものが。
ホースに触れるとぐらぐらします。
F様に聞くとホース類を替えてもらったばかりだと。
という事はその時にラジエーターに亀裂などが入ったのか。
劣化で入ったならその場でF様に伝えてラジエーター交換が必要と
言えばいいだけ。

それを言わなかったのは言えない何かが整備工場側にあったんだろうと想像できます。
恐らくホースを外す際こじってしまったか、ウォーターポンププライヤーなどで
ホースをぐりぐりとしてしまってクラックなどが入ってしまったのではないかと思います。

これは整備工場側に伝えて対応してもらってくださいと伝えましたが
後日、F様から当社でラジエーターを交換して欲しいというお電話を頂き
当社で交換させていただきました。
どうやら整備工場側は非を認めなかったという事です。
真相はいかに!
ありがとうございました。

そして次のお客様は杉並区よりモビリオスパイクのK様が車検整備で
御来店頂きました。


K様は2年前モビリオスパイクを探してほしいと御依頼を頂きまして
当店から納車させていただいたお車です。

世間ではスパイクやモビリオ、フィットなど発進時のジャダーは
みなんで同じように出てるから等と言われて納車されているようでして
空いた口が塞がらないとはこの事だと思います。
そういう方が沢山修理で御来店頂いております。

でもK様はちゃんとした車を購入したいという事から修理をしている当店に
探してもらえれば大丈夫なのではないかと思い御依頼頂きました。

そうなんです。
当たり前ですが当店では安ければいいという車は販売致しません。
なぜならこういう事が大変多いからなんです。
そういう方を沢山診てきていますので当店ではちゃんとした車とは
こういう車だ!というものを販売、納車してきております。

安かろう悪かろうでは車の場合大変ですよね。
安心して運転できないと思います。

ですから当店ユーザーさんはオートマの不具合などの多さに
ビックリしているようです。
そういった経験がほとんどないのでビックリしているようですが
逆をいえばそうならないようにこちら側がちゃんとした整備を
適切に行っているという事を理解して下さい。

ということで、今回の車検整備ではブレーキオイル交換、CVTオイル交換
エアコンフィルター交換等。
CVTは問題無し!
安心して下さい。
ありがとうございました。

 

という事で今回は以上でした。

ようやくブログ編集も終わりに近づきましたが
もうすでに夕方。

雪は相変わらず降る気配なし。
天気予報確認すると大雪の恐れなし、と。
大雪どころか小雪さえ降って無い。
気象庁や予報士、何やってんの?と突っ込みたくなるが
また、100年に1度とか言い出しそう。

まっ、降らなくて良かったけどね。

多摩地区は降ると普通という事が無い。
降る時は無茶苦茶降るし、この場所は吹き溜まりになってるから
半端なく積ってしまうので毎年除雪で苦労します。
降らなくて良かった。

ありがたや、ありがたや。

そして最近は先程にも書きましたが中古車購入して参った!という方が増えております。
安く購入できたと思ったらこのザマか!
現状で購入してるからクレームも診てもらえない。
また保証は付けてるがこのCVTトラブルは対象外になってる。
ローンで買ったのにどうしよう 泣

そういう方は是非ご相談ください。
ホンダのCVTの場合、大半治しております。
悩まずに是非1度御来店ください。
力になれると思います。

 

つづく・・・・。

 

リピーターさんも多いです!

こんにちは。
朝晩は大分肌寒くなりましたが日中はまだまだ暖かく作業するには1番良い
気温が続いています。

私はいまだ半袖のメカニックスーツで仕事をしていますよ。
半袖の方が動きやすくて良いんですよね。

でもこの気温では秋の紅葉は遅れているのでは?
富士山はもう雪がのっかっていましたが山を見るとまだまだ緑中心のような
気がします。

紅葉も風情があって良いんですが、いつ頃になるのやら。
まだ25℃になる日もなんてニュースやってたからまだまだかな?

さて、先日の続きで御紹介していきます。
まずは三鷹市よりエリシオンプレステージのU様が
オートマの不具合で御来店頂きました。

どうやら再加速時やキックダウン時のショックが大きいという事です。
普通に考えるとATFの劣化が大きいかと思われますが
U様のエリシオンは以前取り換えたATFが社外品のATFが原因だったようです。
そこで今回AT内部洗浄を行い社外ATFの成分を抜き切り純正のATFに
入れ替えしました。

これで解消しましたので良かったです。
ホンダ車は純正ATFが基本ですので気をつけましょう。

ありがとうございました。

そして次のお客様は都内よりオデッセイのK様がエンジンマウント交換で
御来店頂きました。
以前他修理で指摘させていただいたマウント交換です。

RB1やRB3オデッセイはフロントのエンジンマウントが切れてしまっているのを
よく見かけます。
切れてしまうと加速時やブレーキング時に車体が揺れてしまったり振動が出る事が有ります。

原因はこのフロントエンジンマウントが原因だったという事が多いです。
もし不明な振動や揺れがあるようならこれかもしれませんよ。

ありがとうございました。

そして次のお客様は栃木県よりオデッセイのH様がやはり走行中ボディ振動や
横揺れがあるという事です。
原因はまずは先述と同じようにフロントエンジンマウントの亀裂が有りました。
但し、H様が指摘している振動は50km/h~80km/h付近で出るそうです。

直接の原因は動力ではないかと考えます。
マウントは間接的に増幅しているかもしれませんが。

ATFの汚れも大変大きい為今回AT内部洗浄を行い様子を見てもらいます。
現在13万kmですから手遅れでなければ回復できると思うのですが。

洗浄後一般道で確認出来る速度では症状は出ず大変スムーズになったことを
確認出来ました。

今後問題なければ地元でエンジンマウントを交換してもらえれば良いかと思います。

ありがとうございました。

そして次のお客様は武蔵村山市よりライフのK様が車検整備で
御来店頂きました。

今回はスタビライザーリンク交換、ブレーキオイル交換、エンジンオイル交換、
ポータブルナビゲーション購入取付、ドライブレコーダー取付も御依頼頂きました。

いつもありがとうございます。

そして次のお客様は、三鷹市よりモビリオスパイクのA様が
CVTジャダーの修理で御来店頂きました。

また、ミッションマウンティングも切れていた為同時に交換させていただきました。
マウントも切れて放置しているとミッション自体揺れが大きくなってしまう為
振動も大きく感じ、ミッション自体や他のマウントなどにも悪影響を及ぼします。

ですから早めに交換した方が賢明です。
他マウント2点も大分硬化しているので今後交換した方が良いでしょう。
また、ノッキングも多少感じますからそろそろイグニッションコイルの寿命が
来ているように感じました。
近いうち点検をしてもらってください。

CVTはすっかり普通の状態に回復しました。
今後は定期メンテナンスは怠らないよう注意して下さい。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、町田市よりモビリオのY様が定期点検のほか
CVTジャダー修理等で御来店頂きました。

CVT修理のほか点検ではイグニッションコイルの劣化、リークを発見。
交換させていただきました。
またエアコンフィルター交換、エアコンガス入れ替え等も整備させていただきました。




これで車全体息を吹き返したような感じがします。
調子が戻ると車って随分印象が違って見えてきます。

大事にしてあげてくださいね。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、板橋区よりシビックのN様が車検整備で
御来店頂きました。

今回の整備ではブレーキオイル交換、ミッションオイル交換、全ベルト交換
ドライブシャフト交換、リアブレーキパッド交換等行いました。


凄く綺麗なEG6です。

大事にしていって頂きたい逸品です。
こちらも協力致しますよ。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、埼玉県東松山市よりモビリオスパイクのY様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。

CVTの状態も問題ありません。
ご安心ください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、相模原市よりオデッセイのY様が点検及びオイル漏れ修理で
御来店頂きました。

パワーステアリングポンプからのオイル漏れが酷く、随分前から漏れていたようです。
大分周りにも付着しているので悪影響が及んでいる部分もあるかもしれません。

今回パワステポンプ、ホース、タンク、ベルト、オートテンショナー交換、エンジンオイル交換
フロントエンジンマウンティング交換、フロントブレーキローター交換、ブレーキパッド交換
AT内部洗浄も行いました。




ようやく正常な車に戻ったと思います。
今後はあまり放置せず異常を感じたらまずは点検してもらった方が良いですよ。

ありがとうございました。
お大事に。

そして次のお客様は、埼玉県久喜市よりフィットのK様が
CVT内部洗浄で御来店頂きました。

また同時にイグニッションコイルも交換いたしました。
もう17万kmですのでちょこちょこやれは出てきますが大事にしてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、埼玉県上尾市よりモビリオのO様が
車検整備で御依頼頂きました。

今回の車検ではブレーキオイル交換、CVTオイル交換、冷却水交換、ラジエーターキャップ交換
エアコンフィルター交換、ワイパーゴム交換等行いました。

大変良い状態を保っています。
ご安心ください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、横浜市よりモビリオスパイクのW様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。
また同時にエンジンオイル交換も御依頼頂きました。

CVT順調ですよ。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、群馬県よりストリームのA様が安全点他修理で
御来店頂きました。

今回はプラグ交換、イグニッションコイル交換、ドライブベルト交換
冷却水交換、ラジエーターキャップ交換を行いました。

すでに13万km走破していますが大変びっくりするくらい綺麗な
ストリームです。

大変大事に慣れていますね。 感心です。

いつもありがとうございます。

そして次のお客様は、豊島区よりフィットアリアのN様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。

CVT順調そうですね。
大事にしてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、茨城県よりライフのS様がATF交換で御来店
いただきました。

大変遠い所いつもありがとうございます。
S様はもう1台モビリオも所有されていてモビリオのCVTオイル交換などでも
御来店頂いております。

大変感謝しております。

今回はベルトの劣化も発見しましたのでドライブンベルトも交換させていただきました。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、北区よりフリードスパイクのS様がCVTオイル交換で
御来店頂きました。

フリードやフリードスパイクのCVT不調車両が大変増えてきております。
早めの交換が1番の予防策となります。
故障してからでは高くつく事が多いですので本当に安く済ませたいなら
予防整備にお金を使う事です。

S様CVTの状態は大丈夫です。
今後は2年2万kmごとの交換を推奨します。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、荒川区よりモビリオのM様がCVTメンテナンスや
エンジンマウント交換等で御来店頂きました。

そういつもご紹介で出てきます30万kmオーバーのモビリオです。
今回は35万kmオーバーしました。(紹介が遅れているので今日現在では38万kmオーバーしているのでは)

M様のモビリオは何もしないで35万km走破しているのでは有りませんよ。
でも難しい事はしておりません。
もちろんCVTの修理等もしておりません。

しているのはCVTオイル交換をちゃんと定期的に交換をしている。
ただそれだけです。
難しいことは一切しておりませんよ。
当店はそれをサポートしているのみです。

よく10万kmオーバーした方からあとどのくらい走れるんでしょうかと
聞かれる事が有りますが、その際にはいつも例としてM様のモビリオを御紹介しております。

本当に正真正銘の35万kmです。
弱いCVTとかネットで叩かれたりしていますがあれはメンテナンスがきちんと行われていない
車輌だと理解してもらった方が良いかと思います。

弱いどころか凄くしっかりしたミッションだと思います。

1にメンテ、2にメンテですよ。

今回エンジンマウント交換も2度目になると思います。
振動が大きく感じてくるのはエンジンマウントの劣化による硬化現象によるもの。
マウント交換すれば不快な振動は解消します。

M様のモビリオに乗ると35万kmを忘れてしまうくらい調子が良いです。

いつまでも大事にしてあげてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、埼玉県川口市よりエアウエイヴのK様が車検整備で
御来店頂きました。

今回はドライブベルト交換、アイドルプーリー交換、冷却水交換、ラジエーターキャップ交換
純正HIDバーナー交換など行いました。

エアウエイヴのヘッドライトですがどうもヘッドライトのカットラインが出ない車両が大変多く
また、バーナーを交換するもとても新品を入れたような明るさが出ません。
どうもヘッドライトの中のリフレクターに問題があるのではないかと思います。

内部の汚れなどの問題ではないと思います。
こうなるとヘッドライトハウジング自体交換しないとダメな話になります。
新しい検査方法でやるとロービームはほぼ不合格となります。
特に前期型のエアウエイヴは注意が必要です。

参考までに。

今回はバーナー交換して多少裏技を使ってギリ合格しましたが
次回はまず無理でしょうね。

ありがとうございました。

と、駆け足で一気にご紹介していきました。
これだけ書くのも私一苦労なんです。
編集作業から文章まで・・・・・。

疲れました(+o+)/

この御紹介してきたお客さんは新規での御依頼ばかりでなく
以前修理させていただいてからリピーターとして御依頼頂いているお客さまも沢山
いらっしゃいます。

遠い所からでも御来店頂けるのは大変うれしい事でもあり、また御満足頂いているのだなと
思える瞬間でもあります。
ここで紹介させていただいていますが実際御来店頂いた方からも、皆さん本当にとお子から来てるんですね
と驚かれているのをよく見ます。

嘘付きませんからね。(苦笑)

また診てもらおうと思えていただけるよう修理には丁寧にかつ確実にをモットーに
1台1台作業に取り組んでいます。

診てもらおうかどうしようか迷われている方はこのブログを読んで頂ければ
多少の判断にはなるかなと思います。

御依頼やお問い合わせはいつでも結構ですので気兼ねなくお電話ください。
作業中等で電話に出られない事もあるかもしれませんが時間をおいてまたお電話頂ければと
思います。

いつでもお待ちしております。

つづく・・・・。

 

 

 

またまた御無沙汰してしまって・・・・

こんにちは。
いや~1年て本当に早く感じます。
昨年の今頃は体調が芳しくなく4月に入院しましたが
あれからもう1年になります。

少しづつ体力も元に戻し今はもうすっかり元に戻った?と思います。
食事も美味しく感じますから消化器系は問題ないかと勝手に思っています。

でも1番気にかけているのは体重ですかね。
入院して1か月、退院した時は体重が10kg減っていましたが
今もそれをキープしています。
リバウンドしていないので褒めてあげたいですね。

まだまだやりたい事が沢山ありますから健康を維持していきたいと思います。

さてそれでは遅れ気味ですがご紹介していきたいと思います。
まずは国分寺市よりキャパのK様が車検整備でご来店頂きました。

まだ2万5千kmしか走っていませんが車検は2年毎やってきます。
また、あまり使用していなくても劣化は進んでいきますので
手は抜けませんね。

しっかりと整備させていただきました。
2年間安心してご使用できますように。

ありがとうございました。

そして次のお客様は北区よりモビリオスパイクのK様がCVTオイル交換で
ご来店頂きました。

また同時にエンジンオイル交換もご依頼頂きました。
社外のCVTオイルが入っていた為か加速が重い感じが有ります。
とりあえず今回はオイル交換のみの対応です。

今後改善し問題が起こらないようなら大丈夫でしょう。

ありがとうございました。

次のお客様は狭山市よりラグレイトのT様がATF交換でご来店頂きました。
以前も交換させていただいております。

あまりATの調子が宜しくなかったのですが何とかまだ頑張ってくれたようです。
しかし、今回はブレーキの調子が良くないようです。
ブレーキペダルを踏むとプッーとエンジンルームから異音がしています。

どうやらハイドロブレーキブースターのユニットからのようです。
ラグレイトの隠れた故障の1つですね。
修理費結構掛かる故障です。

ただしブレーキブースターの為作動しなくなるとブレーキの効きが全く
ダメになってしまう為怖い故障の1つに上げられます。
今回は点検でユニットのブレーキオイルの交換をしてみましたが
やはりダメなようです。

乗るなら修理をした方が安全なんですが今回はとりあえず見送りとなりました。
ATF交換のみ作業をしました。

ありがとうございました。

そして次のお客様は東久留米市よりモビリオスパイクのY様が
CVTジャダー等の修理でご来店頂きました。

確認しますと発進時の振動は小さい方ですが
坂道は下がってしまうという事ですが平坦道路でもクリープがほとんど出ない状態です。
また、時々発進時にガクッという振動も有ります。
距離はもう11万8千kmになりますがまだまだ何とかなればという事で
ご依頼頂きました。

当店なら何とかしますよ!任せてください!!
という事で整備させていただきました。
ジャダーに関してはCVT修理で解消です。

また発進時にガクッという症状は検査しましたところ
イグニッションコイルのリークが判明し、コイルを交換
させて頂きました。プラグは以前に交換済みでした。

また、ミッションマウンティングも亀裂が入っていましたので
完全に切れてしまう前に交換です。
あとはエアコン使用時にカビ臭いという事でエアコンフィルター交換も致しました。
結構あれもこれも有りますがプロが診るとこのように発見できるわけです。

でもこれで安心ですよね。
ありがとうございました。

次のお客様は春日部市よりフィットのZ様が車検整備で
ご来店頂きました。

Z様は10月にジャダーが発生するという事でCVT内部洗浄を行い解消させました。
今回は車検もご依頼頂き大変有り難く思っております。

今回の整備ではブレーキローターが傷だらけになっていましたので
ローター交換やプラグ交換、ドライブベルト交換など行いました。

中でもプラグ交換は大変なんですよね。
このフィットはプラグを外すのに手や工具も入らない為
ワイパーの取りついているカウルトップも外さないとプラグ交換が出来ません。
ホンダ車はこういうところ整備性が悪いんですよね。

でも時間は掛かっても交換は必要な部品。
しっかり交換させていただきました。

今後2年間安心してご使用ください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は武蔵村山市よりオデッセイのF様が
車検整備でご来店頂きました。

当店で1年前購入して頂いたオデッセイですが故障も無く車検がやってきました。
こんかいはとくに大きな交換部品等はなく油脂類の交換等で完了。
安く上がりましたね。
ATの調子も絶好調です。

ちまたじゃ、RA6のオデッセイはATの状態が悪化しているの多い中
当店の管理ユーザーさん達は皆さん普通です。
やはり普通が1番ですよね。

ありがとうございました。

そして次のお客様は豊島区よりフィットアリアのN様が
CVTオイル交換でご来店頂きました。
もう12万6千kmです。

今後はメンテナンス次第で寿命が決まります。
しっかりメンテ行いましょう。
この鉄粉要注意ですよ。

ありがとうございました。

そして次のお客様は岩手県よりモビリオスパイクのO様が
CVT修理でご来店頂きました。
大変遠くからのご来店、ありがとうございます。

今回はあらかじめ打ち合わせをさせて頂き日帰り入院で整備させて
頂きました。
当然ですが当社も他の予定は一切いれずこのスパイクに集中しました。
でもこういうのに限ってやはりひと波乱あるんですね。

というのも、入検のテストを行った時ノッキングしている為
プラグのチェック、交換をしようと思いイグニッションコイルを外そうと思い
上に引っ張り上げるのですがどうにも抜けません。
どうもプラグに張り付いているようなんです。

こんなの初めてなんですが何とか思いっきり引っ張り上げると
スコッと外れました。

が、抜けたのは上部先端のみ。
シャフト部分は残っていて抜けません。
冷や汗ものです。

どうやっても抜かない事には作業が出来ません。
そして格闘すること1時間。
ようやくなんとか全部抜きだしましたが、見るも無残な姿に。
ボロボロに。

他のコイルも少し抜く動作をしましたがやはり硬く抜けそうにありません。
ですので手をつけませんでした。
1本だけ新品もバランスが悪い為テスト異様に何個か持っていますので
中古品ではありますが取付ました。

しかしこんな経験初めてでした。
社外のコイルでしたがこんなことあるんですね。

そしてCVTの修理も無事完了して完成テスト。
嘘と思えるくらい静かに且スムーズなCVTを取り戻しました。
良かったです。

 

遠い所本当にありがとうございました。

このように遠い所から御依頼頂く事が多いですが大半はホンダから
CVT本体交換しか方法はないと言われております。
確かに走行距離からするとそう言いたくなるんでしょうが
正直治す気はさらさらないと思います。

CVT交換となれば高額な修理代になります。
場合によっては新車に代替えをというケースになります。
そこを狙っていますからユーザーさんからすると営業マンの心が
透けて見えてしまいますよね。

当然嫌になってしまいます。だから遠くても修理をしてくれる所へ
と思うのではないでしょうか。

当店はそんなお客様が大変多くご来店されています。
これを読んでいらっしゃるという事はあなたもそうではないでしょうか。

是非1度御来店頂ければと思います。

そして次のお客様は練馬区よりモビリオスパイクのM様が
CVT等の修理でご来店頂きました。


やはり発進時の振動が大きいという、いわゆるジャダーというものですね。
また、色々点検しますとミッションマウンティングの亀裂やスタビライザーリンクのガタ
ドライブベルトの劣化異音、イグニッションコイルのリーク等いろいろやらなくてはいけないところが
沢山ありました。

今回は全体的にも点検整備をしてほしいという希望も有りまとめて整備させていただきました。
上記の内容の他ブレーキオイル交換やエンジンオイル交換、ワイパーアーム&ブレード交換
エアコンフィルター交換等も致しました。

やはりちゃんと整備されると車って調子を取り戻し、誰が乗っても調子いいね!って言われるように
走ってくれます。
安心という事が改めてわかる瞬間ではないかと思います。

まだまだ大丈夫ですので可愛がってあげてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は葛飾区よりエアウエイヴのD様が
CVTのジャダーとクラッチの繋がりが悪いという事で
ご来店頂きました。

また、夏場に電動ファン作動時バックに入れた時ガッガッガッという音がした事が
あったと言います。
そこでプラグとRACVを取り換えたが改善には至らなかったという事です。

とりあえずはホンダのジャダーとクラッチの繋がりから修理しました。

修理後テストを繰り返し行いましたが改善された模様。
今後はドライスタートを改め暖機はした方が良い。
またスタート時はクリープを利用した発進を推奨します。

 

エアウエイヴはCVTの症状の悪い例が多くみられます。
CVTオイルのメンテナンスを間違えないよう注意が必要です。

そして次のお客様は小金井市よりモビリオスパイクのS様が
CVTのジャダー修理でご来店頂きました。

点検いたしますと8万km走行車両ですが今まで1度も
オイルを取り換えた形跡がなさそうでした。

なるべくしてなったという感じです。
これではオイル交換だけでは直ぐに再発してしまう事は
明白ですから今後の事を考えて、また予防も考えて
根本的治療を行いました。

また、念の為他も点検してみましたら案の定イグニッションコイルも
異常な劣化をしておりました。
イグニッションコイル&プラグも交換させていただきました。


これでもう問題はないでしょう。
安心して下さい

ありがとうございました。

さて今回はこんな感じです。
今月も結局なかなか更新が出来ませんでした。
本当に申し訳ありません。

頑張ってはいるもののやはり時間が取れずに・・・・・。
また引き続き頑張って更新するよう努力致します。

飽きずにチェックお願い致します。

さて今年に入り早3ケ月ですが整備仕事が大半占める中
当店のお客さま方の代替えもちょこちょこ有ります。
今年に入りフリード、フリードスパイク、ライフ、オデッセイ、ストリーム
N-BOXカスタム等。

結構いらっしゃいます。(当店にしては)苦笑
また明日も当店下取り在庫のアウトバックの商談も控えています。
気に入ってくれると有難いんですが・・・・・。

また、ラグレイトの下取りも入っています。
平成13年式エクスクルーシブの6万km、ホワイト。
な・な・なんと!サンルーフ付きでーす!
ちょっとだけお見せします。

興味ありませんか?
1度見に来てはいかがですか?
ただし、冷やかしはNG!
この車はお客様を選ばせて頂きます。
本当に可愛がってくれると判断したお客さまに乗って頂きたいので
ご理解ください。

お問い合わせ等はOKですがご購入したいという方は必ず現車を確認して頂きます。
確認しないでの購入は出来ませんのでご理解の程宜しくお願致します。

つづく・・・・。

 

 

 

 

 

 

モビリオ、スパイク、フィット系オーナーの方は是非読んでください

こんにちは。
今朝は特に寒かったですね~。
朝、道路や芝生、畑など凍結や霜が張っていました。
お正月並みの寒さだっていうじゃないですか、まだクリスマスも来てないのに
ここ数年そうですが秋が大変短く感じます。

あっという間に秋を飛び越えて冬になってしまう感じがしてならないのですが
どうなっているんでしょうね。

皆様インフルエンザが大変流行っているようです。
気をつけてください。

さて今回もやはりCVT関連が大変多い内容になっております。
特にモビリオスパイクが多いですが、兄弟車のモビリオ、フィット、エアウエイヴも
同様同じタイプのCVTですから修理の依頼も多いです。

上記のオーナーには特に私どものブログを読んでメンテナンスや修理の状況を
把握して頂きたいと思います。
また、参考になればと思います。

本日もホンダカーズでCVT本体交換の検査結果が出て交換されたという方が
メンテナンスで御来店されましたが、恐らく当店でなら修理で治せたであろうと思います。
こういう方が沢山いらしていますのでCVT交換と言われた方は是非1度御来店してみて
ください。

さてそれでは御紹介させていただきます。
埼玉県坂戸市よりフリードのK様がCVT内部洗浄で御来店頂きました。


AT、CVT内部洗浄のキャンペーンを行っていましたのでこの機会に洗浄の御依頼を頂きました。
フリードのCVTはトルコン付ですから先代のモビリオのような発進時のジャダーとかは
出にくいのですが、メンテナンスが行き届いていないものはCVT本体から異音が出ているものや
CVTなのにショックを感じる症状が出ているものも多く見受けます。

フリードは大丈夫なんて思わないで下さい。
こっちの方が厄介ですから。
本体交換しかない事も多くなるかもしれませんから。

今回は洗浄ですっかりCVT内部も綺麗になり、今までとフィーリングが全く違います。
ココで洗浄という方法でリセットをかけ、次回からは通常メンテナンスをすればいいですから
安心ですよ。

皆様も是非お試しください。

また同時にエンジンオイル、フィルター交換、キャンペーン対象のRECS施工を行いました。
大変お得だったのではないでしょうか。

ありがとうございました。

そして次のお客様は所沢市よりモビリオスパイクのI様が走行中エンジンルーム側より
音がするという事で御来店頂きました。

以前もご来店され同乗走行した際、微妙なんですがハブベアリングかな?
CVTとかではないのではという音を確認しました。
その後ホンダでハブベアリングやもろもろ交換されtのですが音は消えず
いったい何なのか再度ご来店頂きました。

やはり音は確認出来ましたがちょっと音が変化したようにも思えました。
フォ~ンという音です。
小さい音なのでわかりずらいですが・・・・。

どちらかというと吸入音のような音に聞こえます。
色々チェックしますがここというところに当たらず、また路面が濡れていると音が良く聞こえたりします。
タイヤのパターン?とも思わせる音。

いったい何なのか?
今回はスロットルやRACVをチェック、洗浄し、同時にRECS施工もしてみました。
直接関係ないかもしれないがメンテナンスの一環として考えれば損はありません。
しかし一体何なのか?

モヤモヤの残る1例でした。

ありがとうございました。

そして次のお客様はさいたま市よりステップワゴンのA様がオートマ不調で
ご来店頂きました。


Dランプの点滅や、2速3速変速時ショックや吹け上がりが起こっています。

今まで2回程連続でATFを社外品を入れているようです。
恐らくそれが原因だと思いました。

とりあえず純正に戻して良くなればジャンジャンですがそれはやらいなことに
結果もわからない為AT内部を洗浄してみることに。

そして洗浄後テストを行いましたが若干違和感は感じるところもあるが
Dランプも点滅しないしと思いきや、やはりダメでした。
どうやらクラッチ系統のみならず、トルクコンバーターもダメです。

結局A様の長く乗りたいという事から今回ATリビルトに載せ替えることに致しました。
載せ替えてみればやはり全然違いますね。
いかに力も無かったかが判りました。

ご家族の皆さん大変気に入っているステップワゴンですから
またまた皆さんで思い出作りして下さい。

ありがとうございました。

そして次のお客様は立川市よりモビリオスパイクのK様がCVTメンテナンスなどで
ご来店頂きました。

以前CVTの修理やショックアブソーバーなども交換してどんどん調子良くなっていっています。
年数を重ねるたび故障やメンテナンスする箇所も多くなりますが、不安は少しづつ取り除いていけば
心配事は無くなります。

今回はオイル系のメンテナンスでしたが寒くなってきて大分エンジン始動時の
インパネ廻りの振動(ゴォ~ン)がうるさく感じます。
K様に伝えましたらやはり同じ意見でした。

これエンジンマウントの経たりや硬化で振動が吸収できなくなってきているんです。
スパイクやモビリオ、フィットオーナーは皆感じたりしているのではないでしょうか?

エンジンマウントを交換すると大変静かになりますよ。
まだ他にもありますがまずはエンジンマウントです。

と言うことでまた後日預かりエンジンマウントを交換いたします。

CVTに関しては全く問題なく順調そのものです。
画像撮るまでも無い状態でした。
安心して下さい。

ありがとうございました。

そして次のお客様は大田区よりオデッセイのM様がATF交換で
ご来店頂きました。
M様は以前RA6オデッセイで御依頼頂きましたが今回代替えされて
同型のRA8オデッセイにされたそうです。

結構綺麗なオデッセイです。
納車の際ATF交換してくれたそうですが抜いてみますと
結構汚れがまだまだ残っていました。

正直この型もトラブルが多いので出来れば洗浄を必要とするくらい汚れているのですが
今回全量交換でとの事ですのでリスクを伴いますが御承諾の上交換いたしました。

次回交換は少し早目の方が良いかと思います。

ありがとうございました。

そして次のお客様は横浜市よりオデッセイのS様が車検整備で
ご来店頂きました。
以前からATメンテナンスや他整備で御依頼頂いております。

今回はファンベルト、エアーエレメント、ブレーキオイル、エンジンオイル、パワステオイル
冷却水、ラジエーターキャップ等の交換を致しました。

今年ホンダでパワステの高圧ホースが切れて交換したそうなんですが
ポンプから異音が出ていたので点検しますと、エンジン始動の際
エア噛みが常に発生してしまっていて出来ればポンプの交換もした方が良い状態です。

今回は見送りましたが酷くなるようならギヤボックスに影響が出る前に交換した方が
良さそうです。

他は全く問題ないです。

ありがとうございました。

そして次のお客様は横浜市よりステップワゴンのK様がATFを含むオイルメンテナンスで御来店頂きました。
いつもご利用ありがとうございます。


ATに関しましてはキッチリ当店でメンテナンスをさせていただいていますので
全く問題ないですね。
ご安心ください。
また、WAKO’SのRECS施工も行いました。

ありがとうございました。

そして次のお客様は東大和市よりモビリオのK様が
ショックアブソーバーの交換で御来店頂きました。

距離ではなく経過年数でショックのオイルが劣化が激しいのか
乗り心地もストロークしている感じが無くなりガタガタと振動が強くなってきます。
また、ダンパーのジャバラのカバーもリング状に切れてしまいダンパーシャフトが
むき出しになっています。

オーナーさんたちはタイヤを洗うとき目にした事が有るかと思います。
あれではダンパーはどんどんダメになっていきます。
今回純正ショックや関連部品を交換します。

交換後は言うまでも無く乗り心地は大変心地良くなります。
純正ショックはまだ在庫はありますから長く乗りたい方は今のうちに
取り換えた方が良いですよ。

ちなみに以前もご紹介しましたがアッパーマウントのボルトが緩まないものが有ります。
このモビリオ後期型だから大丈夫だと踏んでおりましたが
1本ダメでした。
全く緩まず、仕方なく切断。

前期だけかと思っていましたが後期も同じでした。
参考までに。

ありがとうございました。

そして次のお客様は埼玉県川口市よりエアウエイヴのK様がCVTオイル交換などで
ご来店頂きました。
以前CVTオイル交換をさせて頂いております。
交換時期が来ましたので再度ご依頼頂きました。

たまにクラッチの繋がりが悪い時が有るようですが再現は出来ませんでした。
オイルだけの問題ではなくなってきているのかもしれませんが少し様子は見た方が
良いでしょう。

また今回同時にブレーキオイル交換もご依頼頂きました。
ありがとうございました。

そして次のお客様は立川市よりモビリオスパイクのK様がエンジンマウント交換で
ご来店頂きました。
先にご紹介しましたK様です。

部品が入荷しましたので早速お預かりしました。
エンジンのサイドマウント及びリアエンジンマウント。

ミッションマウントは以前CVT修理の際交換いたしました。
随分振動が大きくなっておりましたが交換後は大変静かになりました。
これでまた安心感が増しましたね。
良かったです。

ありがとうございました。

そして次のお客様は埼玉県朝霞市よりCR-VのH様がAT内部洗浄で
ご来店頂きました。
今回初めての交換だったようです。

結構汚れもたまっていますので内部洗浄を行います。
しっかり汚れを出し綺麗にしてあげます。
そして新油を注入後は発進時からして軽く感じられます。
今後は定期メンテナンスを怠らないようお願い致します。

ありがとうございました。

そして次のお客様は小金井市よりエリシオンのY様がエンジンオイル交換で
ご来店頂きました。

以前オイル交換の際オイルポンプやオイルパン周りからオイルが少し漏れていた為
早めの対処として効果の高い添加剤ニューテックオイルシーリング剤を
注入しておりました。

今回はその後の検査合わせてオイル交換と予防かねて添加剤をもう1度注入してあげます。
点検した結果オイルパン廻りがからっと乾いております。
相当効果が有ったようです。

やはり凄いですね、このシーリング剤。
少し値は張りますが安くても効果が無いものよりかははるかに良いですね。
これに関してはワコーズさんは勝てませんね。

でもクランクシール等の回転しているところの漏れ滲みはダメですからね。

ありがとうございました。

今回は以上となります。

いかがでしたでしょうか?

愛車のメンテナンスの参考にして頂ければ幸いです。
また、どこに修理出していいかわからない、ホンダカーズはどうもと思う方は
当店にご来店ください。
中古車購入された方も自分の車はどうなんだろうと不安に思う方も大歓迎です。

お待ちしております。

つづく・・・・。