モビリオやスパイクだけじゃないぞ、CVTの故障は!

こんにちは。
最近朝晩の寒さが厳しく感じるようになってきましたね。
また同時に街路樹の色もオレンジ色が目立つようになり
落ち葉もちらほら目立つようになりました。

私も昨日までは作業着は半袖で頑張っておりましたが
今日からは長袖を着用するようにしました。

朝晩の寒さには勝てませんね。
最近夜、食後にウォーキングをしています。
6km程ですが健康の為と思い歩いていますが
食後に歩きますので摂取したカロリーはどうやらチャラになるようです。

朝体重計に乗ると体脂肪ともに前日比で変化なしです。
以前はどうしても翌日朝は昨晩に比べて増えていましたが
今は増えずむしろ少しづつ減っています。

良いダイエットかもしれません。

御参考までに。

さてそれでは修理の御紹介をしていきたいと思います。

品川区よりオデッセイのK様が走行中異音がするという事で
御来店頂きました。

確認しますと確かにモーターのような音が聞こえます。
CVT搭載車ですが経験からしますとモーターのような音が出始めますと
まず止まる事はないです。

今回走行距離も28万km弱という事も有り、正直故障というよりそろそろと
いう感じでもありましたので今回は通常メンテナンスという事でCVTオイル交換のみで
対応致しました。

お大事に。

そして次のお客様は八王子市よりフィットのS様が発進時のジャダーの修理で
御来店頂きました。
いつもはホンダカーズで依頼されているそうですが色々不満も有り今回は
当店に御依頼を頂きました。

また、同時にエンジンマウント3点交換やベルトにプーリーの交換もさせて頂きました。
フィットやモビリオ等のCVTはジャダーが出るとスタートクラッチ当たり付けを
安易に行うと頃が多いようですが、正直これは特効薬でもなんでもありません。
むしろ危険の方が多いですのでお勧めは致しません。

毎回当たりつけを行うディーラーも有るようですが、やり方を間違えるとクラッチ自体
壊してしまう為ユーザーさんも理解した上で依頼された方が良いかと思います。

汚れが原因であればCVTオイルを普通に交換すればジャダーは無くなります。
オイル交換したのに収まらない場合は他に原因が有ると考えた方が良いでしょう。

S様のフィットもそうでした。
根本治療を行い解消させました。

ありがとうございました。

そして次のお客様は武蔵村山市よりフィットのO様が車検整備で
御来店頂きました。

今回初めてのご依頼です。
今回は全オイル交換のほかベルト交換、プーリー交換、プラグ交換、ワイパーゴム交換等。
気になるCVTもそれほど心配もなさそうです。

安心してご使用ください。
ありがとうございました。

そして次のお客様はシビックのS様が車検整備で御来店頂きました。

今回はブレーキオイルオイル交換のほかクラッチオイル交換、前後ブレーキローター及びブレーキパッド交換
ブレーキホース交換、ディストリビューター交換、ドライブシャフトブーツ交換、ラックブーツ交換、プラグ交換
ヘッドライトバルブ交換、ワイパーゴム交換、エアークリーナー交換、RECS施工など。




ちょっとづつですがある部品はあらかじめ手に入れておき少しづつですが交換等も
行っております。

もう販売終了部品も多い為EGシビックを維持していくのも大変な1台になってまいりました。

ありがとうございました。

そして次のお客様は川崎市よりアヴァンシアのK様がATF交換で御来店頂きました。

AT載せ替え後初めての交換となります。
キッチリ全量交換をさせて頂きました。

この全量交換が後々大きな違いとなります。
部分交換や社外ATFを使用されて行きますと寿命は大変短い事が分かっています。

ATF交換の際は必ず全量交換が必須ですので依頼の際は必ず確かめて上で
依頼された方が良いでしょう。

ありがとうございました。

そして次のお客様は都内よりオデッセイのK様がフロント廻りより
異音がするという事で御来店頂きました。
カタカタという音です。

点検いたしますと右側タイロッドエンドのガタが大変大きくなっています。
またスタビライザーリンクも外してみましたらガタガタになっておりました。
異音はこのどちらかでしょう。

スタビライザーリンクは左右交換しました。
タイロッドエンドは右側のみ交換いたしました。

後に交換後の使用では音は出無くなったという事です。

ありがとうございました。

そして次のお客様は栃木県よりエアウエイヴのK様が走行中ガタガタと
ボディ振動がするという事で御来店頂きました。

試乗確認するまではCVTの異常だろうと思いましたが、テスト及び点検の結果
原因はイグニッションコイルが原因と判明。
コイル及びプラグ交換で完治。

他にも電車ブレーキが判明。
ブレーキローター及びブレーキパッド交換。
また、CVTオイルがどうも社外のCVTオイルが入っているようで
専門店からしますとこれ自体邪道。

純正でないと故障の原因ともなりますので今回はCVT内部洗浄及びCVTオイル交換を
させて頂きました。





もう13万km走行しておりますので、間違ったメンテナンスや使用方法では
故障の原因、とどめを刺してしまう事もしばしば有りますから注意しましょう。

お大事に。
ありがとうございました。

そして次のお客様は西東京市よりモビリオのK様が発進時のジャダーで
御来店頂きました。

まだ走行距離的には5.4万km程何ですがオイルメンテナンスの不足や
4WDという事も起因していると思われます。
ほか、点検では原因らしきものが見当たらないので以上の事が
主原因と思われます。

根本治療を行いましたのでもう大丈夫でしょう。
今後は定期メンテナンスは欠かしてはいけませんよ。

また、エアコンの効きが悪いという事で点検いたしましたら
コンプレッサーが入りません。
これでは効き悪いどころか効いてない状態。
ガス量を点検しますと入っています。

リレーを点検しましたら原因がわかりました。
リレーの接点不良です。
時には効いたりしていたかもしれませんね。

今回はリレー交換で解決致しました。
良かったです。

ありがとうございました。

そして次のお客様はさいたま市よりMRワゴンのY様が車検整備で
御来店頂きました。

Y様はモビリオスパイクを所有していて、MRワゴンはお母様の所有する車です。
前回も当店で車検整備をさせて頂いております。

今回もまた御依頼頂きましてありがとうございます。
今回はブレーキオイル交換、エンジンオイル交換、プラグ交換、EACV洗浄、ワイパーアーム及び
ワイパーブレード交換、エアコンフィルター交換等。
調子の方も問題ありませんのでまた安心してご使用ください。
ありがとうございました。

そして次のお客様は川口市よりエリシオンのK様がオートマ内部洗浄で
御来店頂きました。
ATF確認致しますと汚れが大変酷くオイルも酸化現象がみられました。

通常交換は危険ですのでリスクを少しでも減らす為AT内部洗浄をさせて頂きました。
交換後はクラッチの当たり具合も大きく変わる為、あまり無理をせずご利用頂くよう
注意喚起致しました。

重量の大きい車は駆動に大きな力が働きますから想像以上にAT内部の負担が大きいです。
オイルの劣化も大変激しい為出来る限り2年または2万kmごとのATF交換をお勧めします。
間をあけすぎたりしてしまいますと交換を拒否される事も多いので注意して下さい。

交換する方も怖くて手を出しづらいのも理解して下さい。

ありがとうございました。

今回は以上となります。

当店でオートマやCVT等の修理やATF、CVTF交換等を行った際
必ずお客様には冷間時は出来る限り暖機を行ってから発進するよう
注意をしております。

ドライスタートは何もオートマだけでなくパワステ(油圧式)やエンジンにも
よろしくありません。
新車から乗っている方はその影響というのは5年くらいたってから差は出てくると思われます。

ドライスタートのデメリットはオイルが廻りきらないうちに強制的に動かしてしまっている事に問題が有ります。
またオイルというのはどんなに低粘度のオイルでもやはり温感状態で発揮できるようになっております。
ATになりますとクラッチ(湿式)は冷間状態では滑りやすく、適度に熱い状態でないと
クラッチのブレーキ力は弱まってします。

これを毎日、毎回ドライスタートの方と暖気された方の車の差は歴然としています。
エンジンですとエンジン音の違い(カタカタ、コトコト音が出ている)
オートマですと変速ショックが大きい、振動が出ている、吹け上がる、シフト切り替え時ガツンとショックが出る)
このような車を中古車で買われた場合は泣く人も多いかと思います。
このような事がおきない為にも暖機運転は必要と考えます。

日本人はせっかちな方が多いのか時間に余裕をもたない方が多いのか
それとも車を信用しきっているのかよくわかりませんが、少しでも良いですから
暖機をしてから走るよう心掛けるといろんな面で故障も減るかと思います。

全く暖機をした事が無いという方は1度試してみてください。
5分暖機した状態で走り出してみてください。
たぶんストレスなく初めから加速していくと思いますよ。

ワンポイントアドバイスでした!

以前にもトルコン付CVT車のモーターのような異音がするという車輌の事を
書きましたがやはりどんどん問い合わせが増えてきております。
またここで言っておきますが、加速中に出ていてアクセルペダルから足を離すと
出ないモーター音のような音は修理不可能です。
CVT載せ替えしか方法が有りません。

また、このような音が出ないようにするにはただ1つ。
定期オイルメンテナンスしかないと無いと考えてます。
しかもディーラーのような部分交換しかしない、まったくCVTオイル交換歴が無い
社外CVTオイルで交換したなどが原因だと考えています。

ATF交換やCVTオイル交換は経験が多く、知識の高い所で交換してもらうのが
安全、安心だと思います。

このブログを読んで頂いているユーザーさんはもう判っているかと思いますが
知らない方は残念な結果を迎えている方も多いかと思います。
お知り合いでホンダ車に乗っている方がいるようでしたら教えてあげてください。

少しでも助かる方が多くなれば良いと思います。

つづく・・・・。

 

 

 

 

 

 

リピーターさんも多いです!

こんにちは。
朝晩は大分肌寒くなりましたが日中はまだまだ暖かく作業するには1番良い
気温が続いています。

私はいまだ半袖のメカニックスーツで仕事をしていますよ。
半袖の方が動きやすくて良いんですよね。

でもこの気温では秋の紅葉は遅れているのでは?
富士山はもう雪がのっかっていましたが山を見るとまだまだ緑中心のような
気がします。

紅葉も風情があって良いんですが、いつ頃になるのやら。
まだ25℃になる日もなんてニュースやってたからまだまだかな?

さて、先日の続きで御紹介していきます。
まずは三鷹市よりエリシオンプレステージのU様が
オートマの不具合で御来店頂きました。

どうやら再加速時やキックダウン時のショックが大きいという事です。
普通に考えるとATFの劣化が大きいかと思われますが
U様のエリシオンは以前取り換えたATFが社外品のATFが原因だったようです。
そこで今回AT内部洗浄を行い社外ATFの成分を抜き切り純正のATFに
入れ替えしました。

これで解消しましたので良かったです。
ホンダ車は純正ATFが基本ですので気をつけましょう。

ありがとうございました。

そして次のお客様は都内よりオデッセイのK様がエンジンマウント交換で
御来店頂きました。
以前他修理で指摘させていただいたマウント交換です。

RB1やRB3オデッセイはフロントのエンジンマウントが切れてしまっているのを
よく見かけます。
切れてしまうと加速時やブレーキング時に車体が揺れてしまったり振動が出る事が有ります。

原因はこのフロントエンジンマウントが原因だったという事が多いです。
もし不明な振動や揺れがあるようならこれかもしれませんよ。

ありがとうございました。

そして次のお客様は栃木県よりオデッセイのH様がやはり走行中ボディ振動や
横揺れがあるという事です。
原因はまずは先述と同じようにフロントエンジンマウントの亀裂が有りました。
但し、H様が指摘している振動は50km/h~80km/h付近で出るそうです。

直接の原因は動力ではないかと考えます。
マウントは間接的に増幅しているかもしれませんが。

ATFの汚れも大変大きい為今回AT内部洗浄を行い様子を見てもらいます。
現在13万kmですから手遅れでなければ回復できると思うのですが。

洗浄後一般道で確認出来る速度では症状は出ず大変スムーズになったことを
確認出来ました。

今後問題なければ地元でエンジンマウントを交換してもらえれば良いかと思います。

ありがとうございました。

そして次のお客様は武蔵村山市よりライフのK様が車検整備で
御来店頂きました。

今回はスタビライザーリンク交換、ブレーキオイル交換、エンジンオイル交換、
ポータブルナビゲーション購入取付、ドライブレコーダー取付も御依頼頂きました。

いつもありがとうございます。

そして次のお客様は、三鷹市よりモビリオスパイクのA様が
CVTジャダーの修理で御来店頂きました。

また、ミッションマウンティングも切れていた為同時に交換させていただきました。
マウントも切れて放置しているとミッション自体揺れが大きくなってしまう為
振動も大きく感じ、ミッション自体や他のマウントなどにも悪影響を及ぼします。

ですから早めに交換した方が賢明です。
他マウント2点も大分硬化しているので今後交換した方が良いでしょう。
また、ノッキングも多少感じますからそろそろイグニッションコイルの寿命が
来ているように感じました。
近いうち点検をしてもらってください。

CVTはすっかり普通の状態に回復しました。
今後は定期メンテナンスは怠らないよう注意して下さい。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、町田市よりモビリオのY様が定期点検のほか
CVTジャダー修理等で御来店頂きました。

CVT修理のほか点検ではイグニッションコイルの劣化、リークを発見。
交換させていただきました。
またエアコンフィルター交換、エアコンガス入れ替え等も整備させていただきました。




これで車全体息を吹き返したような感じがします。
調子が戻ると車って随分印象が違って見えてきます。

大事にしてあげてくださいね。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、板橋区よりシビックのN様が車検整備で
御来店頂きました。

今回の整備ではブレーキオイル交換、ミッションオイル交換、全ベルト交換
ドライブシャフト交換、リアブレーキパッド交換等行いました。


凄く綺麗なEG6です。

大事にしていって頂きたい逸品です。
こちらも協力致しますよ。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、埼玉県東松山市よりモビリオスパイクのY様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。

CVTの状態も問題ありません。
ご安心ください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、相模原市よりオデッセイのY様が点検及びオイル漏れ修理で
御来店頂きました。

パワーステアリングポンプからのオイル漏れが酷く、随分前から漏れていたようです。
大分周りにも付着しているので悪影響が及んでいる部分もあるかもしれません。

今回パワステポンプ、ホース、タンク、ベルト、オートテンショナー交換、エンジンオイル交換
フロントエンジンマウンティング交換、フロントブレーキローター交換、ブレーキパッド交換
AT内部洗浄も行いました。




ようやく正常な車に戻ったと思います。
今後はあまり放置せず異常を感じたらまずは点検してもらった方が良いですよ。

ありがとうございました。
お大事に。

そして次のお客様は、埼玉県久喜市よりフィットのK様が
CVT内部洗浄で御来店頂きました。

また同時にイグニッションコイルも交換いたしました。
もう17万kmですのでちょこちょこやれは出てきますが大事にしてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、埼玉県上尾市よりモビリオのO様が
車検整備で御依頼頂きました。

今回の車検ではブレーキオイル交換、CVTオイル交換、冷却水交換、ラジエーターキャップ交換
エアコンフィルター交換、ワイパーゴム交換等行いました。

大変良い状態を保っています。
ご安心ください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、横浜市よりモビリオスパイクのW様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。
また同時にエンジンオイル交換も御依頼頂きました。

CVT順調ですよ。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、群馬県よりストリームのA様が安全点他修理で
御来店頂きました。

今回はプラグ交換、イグニッションコイル交換、ドライブベルト交換
冷却水交換、ラジエーターキャップ交換を行いました。

すでに13万km走破していますが大変びっくりするくらい綺麗な
ストリームです。

大変大事に慣れていますね。 感心です。

いつもありがとうございます。

そして次のお客様は、豊島区よりフィットアリアのN様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。

CVT順調そうですね。
大事にしてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、茨城県よりライフのS様がATF交換で御来店
いただきました。

大変遠い所いつもありがとうございます。
S様はもう1台モビリオも所有されていてモビリオのCVTオイル交換などでも
御来店頂いております。

大変感謝しております。

今回はベルトの劣化も発見しましたのでドライブンベルトも交換させていただきました。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、北区よりフリードスパイクのS様がCVTオイル交換で
御来店頂きました。

フリードやフリードスパイクのCVT不調車両が大変増えてきております。
早めの交換が1番の予防策となります。
故障してからでは高くつく事が多いですので本当に安く済ませたいなら
予防整備にお金を使う事です。

S様CVTの状態は大丈夫です。
今後は2年2万kmごとの交換を推奨します。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、荒川区よりモビリオのM様がCVTメンテナンスや
エンジンマウント交換等で御来店頂きました。

そういつもご紹介で出てきます30万kmオーバーのモビリオです。
今回は35万kmオーバーしました。(紹介が遅れているので今日現在では38万kmオーバーしているのでは)

M様のモビリオは何もしないで35万km走破しているのでは有りませんよ。
でも難しい事はしておりません。
もちろんCVTの修理等もしておりません。

しているのはCVTオイル交換をちゃんと定期的に交換をしている。
ただそれだけです。
難しいことは一切しておりませんよ。
当店はそれをサポートしているのみです。

よく10万kmオーバーした方からあとどのくらい走れるんでしょうかと
聞かれる事が有りますが、その際にはいつも例としてM様のモビリオを御紹介しております。

本当に正真正銘の35万kmです。
弱いCVTとかネットで叩かれたりしていますがあれはメンテナンスがきちんと行われていない
車輌だと理解してもらった方が良いかと思います。

弱いどころか凄くしっかりしたミッションだと思います。

1にメンテ、2にメンテですよ。

今回エンジンマウント交換も2度目になると思います。
振動が大きく感じてくるのはエンジンマウントの劣化による硬化現象によるもの。
マウント交換すれば不快な振動は解消します。

M様のモビリオに乗ると35万kmを忘れてしまうくらい調子が良いです。

いつまでも大事にしてあげてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、埼玉県川口市よりエアウエイヴのK様が車検整備で
御来店頂きました。

今回はドライブベルト交換、アイドルプーリー交換、冷却水交換、ラジエーターキャップ交換
純正HIDバーナー交換など行いました。

エアウエイヴのヘッドライトですがどうもヘッドライトのカットラインが出ない車両が大変多く
また、バーナーを交換するもとても新品を入れたような明るさが出ません。
どうもヘッドライトの中のリフレクターに問題があるのではないかと思います。

内部の汚れなどの問題ではないと思います。
こうなるとヘッドライトハウジング自体交換しないとダメな話になります。
新しい検査方法でやるとロービームはほぼ不合格となります。
特に前期型のエアウエイヴは注意が必要です。

参考までに。

今回はバーナー交換して多少裏技を使ってギリ合格しましたが
次回はまず無理でしょうね。

ありがとうございました。

と、駆け足で一気にご紹介していきました。
これだけ書くのも私一苦労なんです。
編集作業から文章まで・・・・・。

疲れました(+o+)/

この御紹介してきたお客さんは新規での御依頼ばかりでなく
以前修理させていただいてからリピーターとして御依頼頂いているお客さまも沢山
いらっしゃいます。

遠い所からでも御来店頂けるのは大変うれしい事でもあり、また御満足頂いているのだなと
思える瞬間でもあります。
ここで紹介させていただいていますが実際御来店頂いた方からも、皆さん本当にとお子から来てるんですね
と驚かれているのをよく見ます。

嘘付きませんからね。(苦笑)

また診てもらおうと思えていただけるよう修理には丁寧にかつ確実にをモットーに
1台1台作業に取り組んでいます。

診てもらおうかどうしようか迷われている方はこのブログを読んで頂ければ
多少の判断にはなるかなと思います。

御依頼やお問い合わせはいつでも結構ですので気兼ねなくお電話ください。
作業中等で電話に出られない事もあるかもしれませんが時間をおいてまたお電話頂ければと
思います。

いつでもお待ちしております。

つづく・・・・。

 

 

 

お久しぶりの御紹介です

こんにちは。
御紹介ブログはほんと久しぶりになります。

いつもすぐに御紹介していければいいのですが
中々編集作業等にも時間がかかる為仕事を終えてからになると
やはり難しく、ついつい後回しになっていくとすぐに1ヶ月と時間が経ってしまいます。
それではいけないのですが、それでも皆さん修理についてのお問い合わせや修理の御依頼など
毎日お電話や御来店頂いております。

皆さん本当にありがとうございます!
ご期待に添えるよう日々頑張っております。

皆さん御依頼待ちしております。
代車を御希望の方大変多いのですが週末預かりなどに集中してしまいますと
代車の空きが無い事が多いですからどうしても代車が御希望という方は
早め早めにご予約ください。

逆に代車はいらないという方は早く診てあげられる事も有ります。
御相談下さい。

そして1つ皆さんにお願が有ります。
今月は御予約を頂いていて直前にキャンセルや連絡なしで御来店されない等
多発しました。
正直完全予約で受けている為そのあたりはもう少し気をつけて頂きたいなと思います。
どうしても外せない用事は仕方ないと思いますが、連絡なしで来店されない等は
論外です。
早く診て欲しいと希望される方も大変多いんです。
しかしどうしても予約で埋まっている為1週間後、2週間後と待って頂く事が
多いです。
中には緊急性を要す方もいらっしゃいます。
あいまいな形でとりあえず予約しておこうなんて思わないで下さい。
電話ではちゃんと打ち合わせしているのに電話なしの来店なしだと
1日遊んでしまう羽目になる事も有ります。

こういうことはできるだけ気をつけてほしいものだと思います。

それでは久しぶりになりますが御紹介させていただきます。
埼玉県上尾市よりエレメントのT様が車検整備で御来店頂きました。
昨年初めてご利用頂きましてその時はオートマのDランプ点滅などで
オートマ内部洗浄を行い解決致しました。

今回ATも点検致しましたが問題ないようです。
他も問題なさそうですのでご安心ください。
今回は油脂類、バッテリー交換、ワイパーゴム交換等で終わりました。
ありがとうございました。

そして次のお客様は西東京市よりHR-VのO様がパワステオイルの漏れの修理で
御来店頂きました。

以前車検の際御指摘させていただいた箇所を修理となります。
漏れの箇所はパワーステアリングポンプですが周りのホースも硬化している為
再使用不可ですから同時交換いたします。


ポンプはリビルト品ですがリビルトも多種多様ありまして価格あり気の安いものから
日本製の部品や純正部品を使用した物まで有ります。
やはり耐久性や信頼性を考えると純正部品を使用したリビルトが1番だと思いますね。

安くてもすぐにダメになるものも多くリビルト品は良く検討された方が良いかと思います。
外してばらすと結構漏れていたんだなとわかりますね。
もうこれで大丈夫です。

ありがとうございました。

そして次のお客様は清瀬市よりオデッセイのM様が車検整備で
御来店頂きました。
以前オイル漏れやAT不調などで修理させていただきました。

今回は車検を御依頼頂きました。
今回は車検ですから全体を見ていきますと結構あれもこれもと整備しなくてはいけない箇所が
出てきました。
前後ブレーキパッド交換、タイロッドエンドブーツ交換、タイロッドエンドAssy交換、ステアリングラックブーツ交換
エアーミックスモーター交換、エアーエレメント交換、エンジンオイル交換、ブレーキオイル交換などなど。

今まであまりきちんと診てもらっていなかったような感じでした。
整備工場に依頼していたようなんですが・・・・。

今回はこれでも最低限ですがちゃんと整備しました。

ありがとうございました。

そして次のお客様は日野市よりステップワゴンのI様が車検整備で
御来店頂きました。

普段あまり点検やオイル交換などされない為車検の際にはしっかりと整備しなくてはいけない
お客様です。
今回は油脂類全て、エアークリーナーエレメント交換、バッテリー交換、ブレーキパッド交換、プラグ交換
タイロッドエンドブーツ交換、冷却水交換、ラジエーターキャップ交換、タイヤ交換
純正ナビゲーションからパナソニックのナビゲーションに取替作業、板金修理等。


沢山作業致しましたが大変良い状態になりましたね。

ありがとうございました。

そして次のお客様は埼玉県新座市よりオデッセイのM様が車検整備で
御来店頂きました。

今回はブレーキオイル交換、エンジンオイル交換、冷却水交換、ラジエーターキャップ交換
タイロッドエンドブーツ交換、エアーミックスモーター交換、エアコンフィルター交換、ワイパーゴム交換
等。

まだまだ大丈夫です。
大事にしてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様はさいたま市よりモビリオスパイクのK様がCVT修理と定期点検等で
御来店頂きました。

メインはもちろんCVTのジャダー修理となります。
他点検ではエンジンオイル交換、ドライブベルト交換、アイドルプーリー交換
ミッションマウンティング交換など行いました。



CVTも正常になりましたので今後乗る事が楽しみになりましたね。
ありがとうございました。

そして次のお客様は神奈川県藤沢市よりモビリオスパイクのA様が
CVTジャダー修理で御来店頂きました。

16万km走破しておりますがクラッチはまだ大丈夫そうですから
修理可能と判断。修理させていただきました。

また、エンジンマウントも硬化している為振動が大変大きくなっていますので
マウント3点も交換させていただきました。
修理していると結構他のダメな部分も見えてきます。
電動ファンが廻った時気になる異音が出た為点検しましたところ
コンデンサーファンのモーターが弱くなって異音が出ておりました。
これは見逃せない箇所となりますのでこちらも交換させていただきました。

これでようやく普通に乗れる状態となりました。
とりあえずこんなところでしょうか。
他の16万kmの車と比べたらダントツで良い状態だと思いますよ。

ありがとうございました。

そして次のお客様は千葉県御宿よりモビリオスパイクのY様がCVTメンテナンスで御来店頂きました。

いつも大変遠いですが当店にまで御来店頂いております。
大変有り難く、感謝しております。

今回はCVTオイル交換とエンジンオイル交換です。

CVTの状態は安定しております。
ご安心ください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は国分寺市よりフィットのK様がCVTジャダー修理で
御来店頂きました。

またCVT修理のほかエンジンマウントが硬化している為サイドマウントとリアマウント交換、
ドライブベルト及びアイドルプーリーも交換させていただきました。


スタートクラッチの傷みも進んでいますが今後無理をしないよう注意が必要です。
次回CVTメンテナンスは大事ですから忘れないようにしてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は横浜の金沢区よりステップワゴンのK様が車検整備で
御来店頂きました。
いつもありがとうございます。

今回はブレーキオイル交換、エンジンオイル交換、ブレーキパッド交換、ドライブベルト交換
フロントスタビライザーリンク交換、ワイパーブレード交換等。

ありがとうございました。

そして次のお客様は練馬区よりモビリオスパイクのT様がCVTオイル交換で
御来店頂きました。


また、イグニッションコイルリークしている為コイル及びプラグも交換いたしました。

これで安心ですね。

ありがとうございました。

そして次のお客様は、群馬県よりオデッセイのS様がATF交換で
御来店頂きました。


S様は以前AT不調でAT交換させていただきました。
それからATメンテナンスで遠いですがATメンテナンスや車検整備等御依頼頂いております。
もう載せ替えてから5万km程経過しましたが全く大丈夫です。
まだ乗せ方ばかりと思える程です。

良くリビルト乗せ換えを行ったが1年ちょぼちょぼでまた壊れたとか2年もたなかったなど
よく耳にしますが当店ではそのようなことは有りません。
載せ替え後1年以内に異常が見られたケースの確率は10%以下です。

出来る限りそのような事が起きないように事前に対策しておりますので
安心してお使い頂いております。

今回も全く問題ありませんのでご安心ください。

ありがとうございました。

今回はこの辺で終わらせていただきます。
まだまだ沢山ご紹介しなくてはいけないお客様が控えておりますが
又お時間を作ってなるべく早く御紹介できますよう努力致します。

世の中オートマ車が大半ですがその中でもCVT搭載車の比率が
大変多くなったと思います。
当店でもここ数年でCVT関連の依頼が大変多くなっています。

低燃費をうたって車開発が行なわれていますから、CVT搭載車が増えるのは仕方ないでしょうね。
ギヤ付きオートマ車は大型車や高級車に絞られてきたように思います。

以前にも注意喚起しましたがトルコン付CVT車の不具合など多くなってきております。
一時はトルコン無しCVTは不具合が多いからトルコン付CVTなら安心なんて言っていましたが
とんでもないです。

トルコン付車も不具合か所は違えど大変多く見受けられます。
また厄介なことに修理不能レベルが多いですので注意して下さい。
でもこの不具合などはちゃんとしたメンテナンスを行っていれば解消できるレベルの
ものです。 が、またそのメンテナンスにもまた間違ったメンテナンスだと解消に至りません。

難しいんですね。
オートマ車って。

とにかく新車購入後5年経過していて1度もCVTオイルやATF交換をしていない方は
今後長く乗りたいと思うなら是非当店に1度御来店した方が良いかと思います。
予防するなら早めが1番効果的ですので、このブログを読んだ方ラッキーだと思ってください。

つづく・・・・。

【臨時休業のお知らせ】

平素より弊社をご利用頂きまして有難うございます。
誠に勝手ではございますが10月4日(木)は臨時休業とさせていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

トルコン付きCVTに注意喚起

こんにちは。

大変お久しぶりです。
忙しさにかこつけてブログをさぼりまくっていたのでは?
実にそうなんです。

さぼっていたというのは言い過ぎですが
書く時間が取れなかったというのが本当のところ。
今日は書こうと思うと急に仕事に時間がとられてしまうなど
そんなことが毎日続いていて・・・・。

で、今日はどうしても伝えておかなければ大変だという事を
書いてみます。

以前にも少し触れましたが、CVTの不調といいますと
1番多く出てくるのがモビリオやモビリオスパイク、フィット
フィットシャトルなどが多いですが最近はフリードやオデッセイ
ステップワゴンなど大変多くなっております。

いずれもトルクコンバーター対のCVTが対象ですが
ご相談や点検をいただく症状が異音です。
どれも同じ異音で大きいか小さいかの差ぐらいです。

音の感じがモーターのような音を想像してみてください。
しかもアクセルを踏んでいるときに出てアクセルを離すと消えるという具合。

このような音が出始めた、すでに出ている方は100%治りません。
残念ですがCVT交換しか方法はありません。

そして原因ですが大半はオイルが原因と思われます。
当社で診てきた方だけでもガソリンスタンドやオー〇〇ックスなど
のカーショップ、一般の整備工場などでCVTオイル交換をした方は
ほぼ100%社外のCVTオイルを入れられた方でした。

またホンダカーズで交換していたが距離を大分走っているのに
交換では部分交換しかしていないなどが見受けられました。

ここではっきり言っておきますがATFもCVTフルードも交換の際は
純正オイルで全量交換をしてもらってください。

これはホンダ車に限らずどのメーカーでも同じことが言えると思います。

また交換サイクルですが新車購入からでしたら1回目の車検で(3年目)初の交換
以降は2年毎(車検毎)に全量交換をしていればほぼほぼ防げると思います。

ホンダに任せていると正直ATやCVTに関してはスルーされてしまいます。
しっかり依頼するかホンダに依頼したくない方はぜひ当店にご依頼ください。

この2か月で2台(ステップワゴン、オデッセイ)CVTの異音で
CVT本体交換いたしました。
ご相談件数は5台ほど来ております。

このブログを見た方だけでも助かれば幸いです。
今自分のは出ていないけどCVTオイル交換はしたことないと思う方は
大至急交換をお勧めします。

皆さんそうですが突然出始めた方が大半です。
前触れなく突然襲ってきますので要注意です。

CVTがダメで交換にしても代替えにしても高い買い物になってしまいます。
CVTがダメな車の査定は0に等しいですから気を付けてください。
車の価値も下げてしまいますので。

今回はいつもと違う内容ですが、あまりにも多くなっている事象ですので
注意喚起含めてご紹介させていただきました。

つづく・・・・。

【夏季休業のお知らせ】

平素より弊社をご利用頂きまして有難うございます。
誠に勝手ではございますが8月8日(水)より8月12日(日)まで夏季休業とさせていただきます。また、7日(火)は定休日の為お休みとなります。大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

真夏が来る前にしっかりメンテナンスを!

こんにちは。
いつもブログをチェックして頂いてありがとうございます。
最近はなるべく書けるよう時間をうまく調整しております。

以前よりは定期配信出来てるのでは?と思います。

梅雨に入り毎日どんよりした雲ばかりで気分もジメジメしがちですが
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
気分は乗らないですか。

そんなこと言わずなるべく外へ出ましょうね。
中に閉じこもっているとよけい気分まで梅雨入りしてしまいますからね。

それではいつものように御紹介していきます。
まずは武蔵村山市よりステップワゴンスパーダのS様が
車検整備で御来店頂きました。
凄く綺麗なスパーダです。

大分整備の手も入っていてそんなに手は掛からないかなと思いましたが
やはり消耗品ですがそこそこ交換も出ました。
最近先代モデルの人気が高い為このスパーダもそうですが
フリードやスパイクなどの値段が高騰しています。

こんなに奇麗だと結構高い値が付きそうですね。
でもまだまだ乗ってください。

走行距離7万6千km。

ありがとうございました。

次のお客様は埼玉県朝霞市よりモビリオのO様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。
前回交換より少し長くなりましたが問題はないでしょう。


走行距離12万5千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は立川市よりモビリオスパイクのK様が
車検整備で御来店頂きました。

K様は何かあればすぐに整備や点検にいらしていますから
車検だからと言ってあらためてあれもこれもはありません。

最低限度で整備は終わりました。

走行距離12万5千km。

ありがとうございました。

次のお客様は青梅市よりエアウエイヴのT様が
CVT不具合で御来店頂きました。
症状はジャダーと発進時等でギヤが抜けてしまうような現象。

また、走行テストを行いますとノック症状も時たま確認できます。

不具合が1つではなく複数出ている様です。
まずはジャダーの修理から行い絞っていきます。
結局原因は3つ有りました。

イグニッションコイル、スロットルボディ、CVT。

CVTに関しては修理対応。
他は部品交換となりました。

走行距離は10万4千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は小金井市よりエリシオンのY様が
車検整備で御来店頂きました。

今回は全油脂類の他ワイパーゴム、エアーエレメント交換等で
終わりました。

走行距離は20万2千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は座間市よりモビリオのT様が
車検整備で御来店頂きました。
T様は今年1月にCVT修理で整備させていただきました。

今回はCVTも治ったのでもっともっと乗れるという事
車検を通すことに。

地元で定期点等はディーラーで受けているので
今回車検であえて交換するものは特にありませんでした。
エンジンオイル、ブレーキオイル、エアコンフィルター、ワイパーゴムなどでした。

走行距離は7万km。

ありがとうございました。

次のお客様は群馬県よりオデッセイのM様が
オイル漏れの修理等で御来店頂きました。
わざわざ遠くから御依頼頂き大変うれしく思います。

是非当店で診て頂きたいという事ですので
こちらもやる気が出ます。
また、大変綺麗に維持していらっしゃいます。
お父さんが乗られていて引き継いで乗っていらっしゃるそうです。
思い出がいっぱい詰まってますね。

オイル漏れの点検をしますとあちこちから漏れているようで
特定するのが困難な状況。
結局特定したのはスプールバルブ、オイルパン、クランクシール
ディトリビューターOリング、オイルポンプシールでした。
外したついでにタイミングベルト一式、ウォーターポンプ、ヘッドカバーパッキン交換。
あらためて交換が必要だった部品はエアフロチューブ切れによる交換、
フロントエンジンストッパー切れによる交換、クランクプーリー交換等。

これだけありました。
持ってきて良かったと思えてもらえると嬉しいです。

走行距離は23万6千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は荒川区よりモビリオのM様が
CVTオイル交換で御来店頂きました。
今回はドライブベルト交換、プーリー交換やエンジンオイル交換、またいくつかのの
不具合点検です。

いつもご紹介しておりますがM様のモビリオは34万kmです。

結構皆様は当店にCVTの不具合で御来店頂いておりますが
よくお客様からあとどのくらい乗れますか?と聞かれます。
その際必ず御紹介します例としてM様のモビリオの話をします。

当店で修理、CVTメンテナンスをしていればこのように長く乗れます。
特別M様も走り方に気を使いながらとかは全くしてないとおっしゃってます。

でもディーラーさん等でメンテナンスをしているとなぜか不具合の嵐の様です。
違いがはっきりしていますね。

長く乗りたい方は是非当店に御来店ください。

走行距離は34万km。

ありがとうございました。

次のお客様は神奈川県逗子市よりラグレイトのM様が
ATFメンテナンス他修理で御来店頂きました。

今回はATF交換にポジションのヒューズが切れてしまったり
ホーンが鳴らなくなってしまう等の修理も合わせて作業させていただきました。
また、作業中発覚したのがエンジンサイドマウントが切れてしまっていたので
こちらも交換させていただきました。

走行距離は17万km。

いつもありがとうございます。

そして次のお客様は茨城県よりアコードのM様が
AT不具合で御来店頂きました。
症状は変速ショック、吹け上がり、停止時の後追いショック等です。

正直AT交換をお勧めしましたがもう少し何とかなればとう事で
ならば内部洗浄を行いATF交換をしてみることに。

今より良くなればという事ですがこれだけ悪化した症状が出ていると
やってみなければわからない為丁寧に且大胆に洗浄を行います。
あとは内部部品の耐久性に限ります。

洗浄後は相当回復しましたのであとは馴らしも含めて大事に扱ってください。

走行距離は15万km。

遠い所ありがとうございました。

そして次のお客様は国立市よりストリームのT様が
車検整備で御来店頂きました。


今回は全油脂類の他エアコンフィルター交換、ワイパーゴム交換で終わりました。

走行距離は4万9千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は町田市よりモビリオのO様が
CVTのジャダー修理で御来店頂きました。
結構振動も大きく、またアイドリングも低い為スロットルやコイルは大丈夫か
あわせて点検が必要でした。

CVT自体は修理で完治。
アイドリングの低下はとりあえずRACVを洗浄して多少回復気味ですが
イグニッションコイルは交換した方が良い。

近いうち交換して下さい。

走行距離は7万1千km。

ありがとうございました。

次のお客様は横浜市よりフィットのH様が車検整備で御来店頂きました。
昨年ショック交換等させて頂きまして今回は車検も御依頼頂きました。

お知り合いから譲り受けたフィットでして大事に乗っていきたいという事で
悪い所あれば修理して下さいという事でやる気が出ますね。

今回は全油脂類交換のほかブレーキローター交換、エアークリーナー交換
ロアボールジョイントブーツ交換、冷却水交換、ラジエーターキャップ交換、テールランプ交換等。
またルームクリーニングも御依頼頂きまして綺麗にさせて頂きました。

走行距離は16万5千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は横浜市よりステップワゴンのN様が
車検整備で御来店頂きました。

今回は代替えも年度内に考えている為最低限でという希望で整備致しました。
最低限ですから予防の為の整備はスルーします。
今回はブレーキオイル交換とブレーキキャリパーのブリーダーのオイル漏れから
ブリーダープラグを交換させていただきました。

走行距離は走行距離は19万7千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は愛知県よりモビリオスパイクのS様が
CVTのジャダー修理で御来店頂きました。
大変遠い所ありがとうございます。

CVT修理している間によくチェックしているのですが
結構イグニッションコイルのリークやミッションマウントの亀裂などが
目につきます。

どちらもCVTに関係しておりますからやらざるを得ません。
放置してもCVTに負担が掛かってきますから必ずレクチャーします。

予算の関係も有りますが大半の方は判明して良かった!ここに持ってきて良かったと
言ってくれます。
その言葉が聞きたくてやっているようなもの。

日々勉強しております!

話は戻しますがCVT修理のほかイグニッションコイル、プラグ
ミッションマウンティングも交換させていただきました。

走行距離は11万8千km。

遠い所ありがとうございました。

今回はこのあたりで終わります。

さてタイトルにも書きましたが暑くなり始めますと
車にとっては大変過酷になります。
水温、油温、ブレーキ関係、バッテリー、エアコン等温度が上昇します。
そこへメンテナンスの行き届いていない車にとっては
最悪な状況を作り上げていきます。

なんとかひと夏を乗り越えてくれたとしても
秋になるともう限界が来ていてぶっ倒れてしまいます。

駆動系なんかいい例です。
必ず気温が下がり出した10月辺りからおかしな症状が出始めたとか
いう相談や修理が増えてきます。

修理で治るなら良いが手遅れになっていることもしばしば。

こんな事に遭遇したくなければ夏を迎える前にせめてオイルメンテナンスや
不安な個所が有れば点検をしてもらった方が絶対に良いと思います。

乗りっぱなしで良いわけはありませんので!

メンテナンスしない人程遠出したりする人って結構多いんですよ。
人ごとながら怖くないのかな?なんて思いますよ。

判らないならちゃんとした工場に診てもらってくださいね。

ワンポイントアドバイスでした。

また次回お楽しみに!

つづく・・・・。

 

 

CVTの故障相談大変多いです!

こんにちは。

今日は夏日ですね。
流石にこれではばててしまいますが、今日はさほど忙しくはないですので
ブログ更新の時間を作れてます。

こんな時に書かねば!

昨日もそうなんですがATからCVT車両が増えているのも有って
CVTの相談件数が激増しています。
突然ご来店される方も居ますし、電話相談やメール相談も大変多いです。

ただやはり車の場合現車確認(症状確認)した上での方が
アドバイスや今後の修理相談もしやすいです。

フィット、モビリオ、スパイク、エアウエイブは常連ですが
最近はフリード等の相談も大変増えています。

新しいCVTは大丈夫と考えない方が良いかもしれません。
実は重症度からすると新しい方が酷いケースが多いです。
修理ではなくCVT本体交換出ないとダメな事が多いです。

そのほとんどがメンテナンスが行き届いていれば防げたのではないかと
思われることが多いです。

中でもディーラーに全て依頼していたのにという方も少なくありません。
というより大半がディーラーに任せていたという事です。

1度考えなおしてみた方が良いかもしれませんね。
ホンダオーナーの方は。

正直ディーラーさんの場合壊れたら点検しましょう、体質だと思います。
予防の為整備しておきましたというのはあまりないように思います。
どうでもいいようなところは過剰整備しているケースが多いです。

例えば車検の度キャリパーのオーバーホールをしていた
ブレーキマスターシリンダーをオーバーホールしていたり等。

新米整備士の教習車的に扱われているのでは?と思うところが
あります。
律儀に全てディーラーのお任せでなくセカンドピニオンを持つ事も
必要なんではないかと思います。

さてうんちくはこのへんにして本台へ移ります。
まず初めのお客様は栃木県よりモビリオスパイクのU様が
CVTジャダーの修理で御来店頂きました。


また振動等も大きい為点検したところエンジンマウントの硬化が大きい事が判明。
ジャダーの振動もより大きく感じていた事やエンジン始動時もフロントガラス回りや
ダッシュボードもビビり音が大きくなってしまう為同時に交換させて頂きました。

走行距離は11万6千km。

遠い所ありがとうございました。

次のお客様は渋谷区よりHR-VのM様が車検整備で御来店頂きました。
今回車検だけでなくCVTのジャダーが有る為当店に御依頼頂きました。
このCVTでは少ないですね。

汚れも酷い為今回はCVT内部洗浄を行ってどう変化するか作業してみました。
結果は大変良い結果が出ました。
ジャダーは収まり通常走行ができるようになりました。
CVT内部から若干異音が出ていますがそれはCVTメンテナンスの管理不十分の
結果ですから仕方ないでしょうが、今後はオイルメンテはしっかりと行って頂きたいと思います。

走行距離14万km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は練馬区よりゼストのM様が車検整備で御来店頂きました。
今回は全オイル交換、ベルト交換、エアコンフィルター交換、ワイパーゴム交換等。


走行距離は14万4千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は足立区よりモビリオスパイクのO様が
CVT修理で御来店頂きました。

スタート時クラッチの繋がりが悪いような症状やニュートラルになってしまう等の症状です。
このような症状はエアウエイヴに多くみられますがやはり同じCVTですから
スパイクにも出てしまうようですね。

このような症状は基本CVT内部のクラッチ動作に問題がある事が多数。
まれに同時にエンジンやスロットルに問題が有るがあります。

CVT修理後は大分症状は出なくなりましたがまだ若干出ております。
クラッチの当たりが良くなればもう出無くなるかもしれませんが
エンジン回転数が低すぎる事とアイドルアップ機能に問題がある事も
判明しております。

RACVの清掃も行いましたが顕著には改善しておりません。
今後スロットル交換も視野に入れた方が良いかもしれません。

走行距離15万6千km。

ありがとうございました。

そして後日、やはりスロットル交換を御依頼頂きまして交換させていただきました。
交換して回転数も上昇してスタート時等のクラッチの離れる症状も無くなりました。

次のお客様は川崎市よりシビックのK様がオイル漏れ修理で
御来店頂きました。

懐かしいEGシビック、しかもエンジンはZCです。
このエンジン大好きです。

オイル漏れはヘッドカバーパッキンとセミサーキュラからです。
これがB16Aだと追加でスプールバルブのフィルターからも多いですね。


エンジン内部は綺麗ですね。

今回はパッキン類をサクッと交換して終了です。

走行距離2万km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は埼玉県鴻巣市よりライフのM様が
ATの発進時の違和感で御来店頂きました。

JC1ライフですが特に冷間時スムーズに発進しない、1テンポ遅れてしまうような
感じがするそうです。

今回はAT内部洗浄を行ってみませんかと提案してみました。
快諾して頂き念入りに洗浄を行いました。
JC1はドレーンボルトにはマグネットが付いていませんので画像はありません。
温感状態の為冷間時の症状の確認はできませんが
温感状態でもATの特性が変わったと思える変化はありましたので
改善できたかもしれません。

走行距離12万5千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は入間市よりモビリオスパイクのK様が
エンジンマウント交換で御来店頂きました。

エンジン始動時の振動が大きくなっていますねと以前エンジンマウントの交換を
提案しておりました。

そして今回交換の御依頼を頂きました。

交換後は劇的に変わりました。
やはり静かな方が良いですね。

走行距離は16万7千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は相模原市よりモビリオのI様が
走行中振動がしてDランプが点滅したという事で御来店頂きました。
点検の結果社外のオイルが使用されていてそれが原因でクラッチの作用や
プーリーの動作に問題が起きたようです。

今回は今後の事も考え根本的修理を行いました。
やはりオイルは純正でないと怖いですね。
基本ホンダに限らずオートマや特にCVTは純正オイルを使用して下さい。
治れば良いですが最悪はCVT本体交換に至る事も有りますので気をつけましょう。

またエンジンより異音も出ていた為点検の結果、原因はアイドルプーリー。
同時にベルトとセットで交換しました。

走行距離は8万8千km。

ありがとうございました。

次のお客様は所沢市よりモビリオのS様が修理で御来店頂きました。

エンジン始動時や走行中振動が大きいという事です。
振動の原因はエンジンマウントの硬化ですが
走行中の振動はマウントだけではなくCVT自体の振動です。
今回はマウント交換とCVT内部洗浄を行いました。


今後は定期交換を必ず行ってください。

走行距離は8万3千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は稲城市よりモビリオスパイクのT様が
リバース時に異音が出ているという事で御来店頂きました。
確認しますと確かにカサカサと音が聞こえます。

CVTシステム点検しましたらリバースクラッチ関連にも異常が
見られます。
しかし通常走行には今のところ問題は出ておりませんから
今回はCVT内部洗浄を行い今後の様子を見てもらうことになりました。

走行距離は13万8千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は千葉県佐倉市よりモビリオのO様が
発進時力なくスムーズに進まない、振動等で御来店頂きました。


今回点検の結果複合的に悪化が進んでいたようでした。
1つはCVTのジャダーのよるもの、エンジンの失火が出ていた事等から
クラッチの繋がりが酷くなっていったようです。

今回CVT根本修理とイグニッションコイル、プラグ交換、エンジンマウント交換を
行いました。

全てが正常に機能し始めれば今後本来の状態に戻ります。

走行距離は5万8千km。

遠い所ありがとうございました。

そして次のお客様は調布市よりステップワゴンのM様が
定期点検で御来店頂きました。

今回は点検ではエンジンオイル交換のほかワコーズのエアコンプラス注入など行いました。

走行距離は16万3千km。

ありがとうございました。

そして次のお客様は青梅市よりモビリオのA様が
CVTのジャダー修理で御来店頂きました。



そして冷間時エンジン始動時の振動が大きい事も有り
同時にプラグ、エンジンマウントも交換いたしました。
CVTは根本的修理を致しましたのでもう安心です。

走行距離は12万km。

ありがとうございました。

と、まぁ今回はこんなところです。

毎日それなりに忙しく作業しておりますが時たまポッと空きが出る事も有ります。
今日は中途半端に予定が入っていてその合間を縫ってブログを書いております。

6月は例年そうなんですが比較的空いている事が多いですので
早めに予約して頂ければ代車の御用意も出来ます。

是非お待ちしておりますので宜しくお願い致します。

つづく・・・・。

 

 

 

 

【臨時休業のお知らせ】

平素より弊社をご利用頂きまして有難うございます。
誠に勝手ではございますが6月7日(木)、8日(金)は整備研修参加の為臨時休業とさせていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

ラグレイトエクスクルーシブ サンルーフ付き 

こんにちは。

昨日に引き続きのブログです。

今日はラグレイトエクスクルーシブ サンルーフ付きの

中古車のご紹介でアップしました。

詳しい内容は当ホームページの中古車販売をご覧ください。

詳細など出ております。

1番の売りはやはりサンルーフでしょうか。

珍しいというか基本設定ないですからね。

大手メーカーさんのサンルーフが付いております。

チルトアップ、スライディングルーフ(AUTO機能)、サンシェード付き

実際現車で確認するといいです。

やはりサンルーフがあると室内が明るくていいですね。

是非ご覧になってみてください。

つづく・・・・。