スパイク、エアウエイヴ、フィットアリア系のCVTトラブルにお悩みの方必読

こんにちは。
今年も年が明けてもう2月です。
日々早く感じますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年こそはブログをまめに更新するぞと年始に誓ったのですが
全くできてませんね。 苦笑

大変申し訳ありません。
もっともっと頑張りますので
ブログチェックお願い致します。

さて今回はなかなか時間が作れない中これだけは先に情報をと
感じ、いつもと違いますが書かせていただきます。

対象車から外れている方はふ~んくらいで構いませんので
お付き合いください。

タイトルにもありますがモビリオ、スパイク、エアウエイブ、フィット(GD系)、フィットアリア
のオーナーの方限定になりますが以下のような症状を感じていたり
悩まされている方が意外に多いのではないかと思います。

それはと言いますと、発進時にブレーキを外してアクセルを踏もうとした瞬間
ブォ~ンと回転数が上がりアクセルを踏んでも前に進まないとか、ギヤが抜けてしまうような感じとか
また、停止しようと減速をして停止した瞬間エンジン回転数が低下してやはり同じように
ガクンというショックが有りまた回転数は上がるがまたショックが出る等、酷い場合はエンストしてしまう。

以上のような症状が出ている、また悩まされている方はどうぞ1度御来店ください。

当店でも何台か同じような症状が有り、またCVTのトラブルも出ていてCVT修理を行っておりました。
しかしその症状が軽減はするもののどうも納得いく完成とまではいかず、どうもストレスの残る
修理がありました。

正直どこに主原因があるのかつかみ切れない部分でもある為なんとかそこへたどり着こうと
日々あれこれ試してみたりしました。
しかしようやくその主たる根源が判明し残りの1ピースが埋まりました。

HCでもこれに関してはCVT本体交換等の対応をしているようです。
しかしこれは2つの原因がある事がわかりました。

今までもそこにはたどり着いてはいたものの部品交換まではしなかった為
何とも言えない結果でしたが今回これではっきりした結果が出ましたので
まずは皆様に朗報をと思い、いつもとは違いますがブログアップさせていただきました。

上記オーナーの方是非1度御来店してみてはいかがでしょうか?
これですっきりできるかもしれません。

 

つづく・・・・。

3 comments

  1. 平成17年式GD3フィlットに乗っています。
    ブログに記載されている、「発進時にブレーキを外してアクセルを踏もうとした瞬間ブォ~ンと回転数が上がりアクセルを踏んでも前に進まないとか、停止しようと減速をして停止した瞬間エンジン回転数が低下してやはり同じようにガクンというショックが有り」がぴったりな症状です。
    症状が多発して耐えられなくなってきたら、CVTのオイル交換を実施していますが、段々と感覚が狭くなってきています。現在15万キロで症状多発気味でCVTオイル交換思案中、前回139253キロ、前々回117000キロで交換。
    プラグなども全て定期的に交換してます。
    一度訪問させていただきたいのですが、中国地方なのでなかなか東京まで車で行けません…
    いつ頃東京に行けると断言できないので何か現時点でできるアドバイス頂けないでしょうか?

  2. それではいくらオイルを交換しても改善は望めないレベルになっているかもしれません。オイルの汚れ等の問題では無いと思います。もしディーラーなどでクラッチの当たり付けなど毎回行っているようなら重症化している可能性もあります。近ければ点検して判断してあげられるのですが。クラッチの点検をしてもらった方がいいです。クラッチに問題ないようであれば他に原因があることもしばしば、よく点検してもらってください。もし点検もせず、ミッション交換と言われたらそのディーラーとは距離を置いてください。

  3. アドバイスありがとうございます。
    CVT交換時はクラッチの当たりつけはセットで行っていました。(それが改善する方法との事でしたので)。CVTだけの理由ではなさそうだと思っていましたが、クラッチの点検が鍵になりそうですね。フォワードクラッチディスクとかプレートあたりを交換すれば良くなるかも…何点か疑問点もあり、過去の傾向から、夏から初秋、冬から春の気温差が大きくなる時に症状が出始めるのはたまたまなのかと、そもそもFITのいわくつきCVTのオイル交換はどれぐらいのタイミングですればいいのか悩ましい車だらけです。
    そちらに伺うことができれば色々話もできるのですが、とりあえずは地元のディーラーに。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です