ATもCVTもメンテナンスが重要

こんにちは。
時が経つのも早いものでもう11月になりましたね。
10月は台風が続けてやってきて大荒れの天気でしたがようやくここへ来て
ようやく秋らしい天気が続いています。

食べ物もおいしい季節ですね。
焼き芋、お鍋、きのこ料理、牡蠣などなど。

でも何を食べてもおいしく感じる季節かな。
色々味わって食べてみるのも良いかと思います。

さて話は変わりまして、10月は1回しかブログを更新できず大変申し訳ありませんでした。
何もなかったというわけではなくその逆です。
あまりの忙しさで書く時間が取れなかったというのが本当のところです。

いつも今後はせめて1週間に1回は更新しようと決意を新たにするのですが
なかなか実行に移せず反省するばかりです。

しかしそんな中でも沢山のアクセス、お問い合わせ、ご予約、ご来店
頂いていて感謝しております。

もっともっと頑張らせていただきますので今後とも宜しくお願い致します。

さてそれでは御紹介させていただきます。
まずは草加市よりモビリオのS様がCVTメンテナンスで御来店頂きました。
いつも遠い所有難うございます。

当店で修理後やCVT、ATメンテナンスを訪れてからリピートしていただける方が
大変多いです。
安心して頂ける、また調子をみていただけるという事で遠くてもS様のように
ご来店いただけるのは大変うれしく思います。

さて今回も定期交換で御来店頂きました。
大変状態も良いようです。
ご安心ください。

また次回交換まで安心してご使用ください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は葛飾区よりモビリオのM様がCVTメンテナンス他修理で
ご来店頂きました。
M様も以前CVT修理をさせていただいてからのメンテナンスです。
今回はCVTオイル交換とエンジンがノッキングするという事でイグニッションコイル、
プラグも交換させていただきます。

CVTに関しましては大変良い状態です。
安心して下さい。

イグニッションコイルも交換しましたからエンジンも安定し、クラッチが繋がった際の
フィーリングも大変良くなったと思います。
何よりも力が上がった感が出ますよね。

また次回交換まで安心してご使用ください。

ありがとうございました。

次のお客様は福生市よりUSアコードクーペのT様がエンジンオイル交換で
ご来店頂きました。

以前もクラッチ不調で少し診させて頂きましたが、再発したようですので
次回クラッチマスターシリンダを交換します。
またそれは後ほどご紹介します。

今回はオイル交換ですがこのエンジン、オイル消費が大変早いようで
恐らくオイル上がりだと思います。
今回はオイル交換してどのくらいのペースで減っていくか統計を取ります。

話を聞くと相当早いペースで減るようですから深刻です。
また次回クラッチをやる際添加剤を入れてみることにしました。

ありがとうございました。

そして次のお客様は横浜市よりオデッセイのE様がATF交換で御来店頂きました。
今現在17万kmであまり調子が悪いとは思ないが走りが重いような感じがしていると言うことです。
オイルを確認しますとどうやら社外のATFが入っているようです。
また、パワステオイルも確認しましたらこちらも社外というよりATFですね。
トヨタとか昔の整備士さんですとパワステはATFと粘度が近いからATF流用するという事が
有りました。
異音が出ていたのはそのせいです。
また異音で以前2回もパワステポンプを交換したらしいのですが
1回交換して純正オイルを使用していればそれで終わっていたかと思います。
1回余計でしたね。

今回はオートマ内部洗浄及びパワステオイルも交換することになりました。

オートマの洗浄後は大変良い状態になったと思います。
以前も悪くないと感じていたなら今度はどのように感じるのでしょうかね。
感じて頂ければ良いですが。

次回からは2年2万㎞目安で全量交換をお勧めします。
そうすれば20万㎞、25万㎞、30万㎞が見えてくると思います。

ありがとうございました。

そして次のお客様はシビックのS様がパワステオイル漏れで
ご来店頂きました。

ポンプのオイルシールから漏れてきています。
その下にはA/Cコンプレッサーも有りこのまま放置は良くないですね。
今回はリビルトポンプ及びタンク、ホースも同時交換します。



EG用のタンクやホースはまだメーカー在庫ありますからEGオーナーさんは
早めに交換しといたほうが良いですよ。

このシビック機関上は大変良い状態を保っています。
それはオーナーさんのメンテナンスにちゃんと向き合っているからだと思います。
古くなればなるほどメンテナンスは必須です。

そうすれば長く乗れます。
見習いましょう。

ありがとうございました。

そして次のお客様は横浜市よりセイバーのT様が車検整備で
ご来店頂きました。
昨年長く乗られていたUA4インスパイアからこちらのUA5セイバーに
乗り換え頂きました。

車的には変わらないですがやはり1番の違いはエンジン、ATでしょうか。
全く別物に感じますからね。
また以前同様アキュラ仕様に変えておりますのでセイバーとはわかりません。
後ろもUSテールと同じですのでハンドル位置以外は見た目判らないかな?
と感じます。

今回は少しブレーキング時ハンドルが左右にぶれる感じがするという事ですので
じっくり原因を探ってみます。
いろいろと足回りやギヤボックス等診ますが特にガタ等は無く頭を悩ませておりました。
たまたまベルト類を交換する為エンジンマウントを外したところ原因はそこにありました。

エンジンマウントの下側がしわに見えていたものが実は切れていました。
荷重が掛かっている際は判りませんでしたが外してフリーになって見えましたね。
エンジンマウント切れで交換する車は沢山ありましたがこのようにハンドルが左右にぶれる症状は
無かったように思います。

それぞれ車種によって症状は違うのだと感じました。

1番気になっていたようなので喉のつかえが取れたようで良かったかなと思います。

ありがとうございました。

そして次のお客様はまたまたですがUSアコードクーペのT様の
修理で御来店頂きました。
クラッチマスターシリンダの部品が入荷したのでお預かりしました。

3ケ月は掛かると思っていたのですが品番ではやはりアメリカ向け品番ですが
メイドインジャパンの部品だった為か日本に在庫が有りました。

良かったです。

そしてさっそく部品交換しましたがこれ単純そうですが左ハンドルの為
クラッチマスターの付いている場所がとんでも無い所にあり
通常工具が絶対に入らない為ブレーキマスターシリンダを外して交換になるのではないかと
思います。

当社はたまたまですが特殊工具を持ち合わせていた為(それ専用とかではないですが)
なんとか外すことが出来ました。

工具1つで整備代金も大幅に変わってしまいますからT様にとっても大変良かったかなと思います。

交換後は問題なさそうです。

治ってよかったです。

ありがとうございました。

そして次のお客様は春日部市よりフィットのZ様がCVTのジャダーで
ご来店頂きました。
GEフィットですがやはりジャダーは出るんですよね。
今現在10万km。



微妙な距離ですが今回はCVT内部洗浄して様子を見て頂くことになりました。
洗浄後ジャダーはもちろん出ませんが0発進も作業前と比べると大変軽快さを
取り戻しました。
今後様子を見て頂くことになりました。

ありがとうございました。

次のお客様は調布市よりステップワゴンのM様がCVT不調で
ご来店頂きました。
ホンダカーズで色々診てもらいCVTも交換したが良くならないそうです。
CVTもどのあたりまで交換したかは記録が残っていない為判断が難しいですが。

皆様も気になるかと思いますが症状は発進加速が重い、走行中弱い振動が有る等の症状。

ホンダでも他にもエンジン、点火系等部品交換もしているがやはり改善には至っていないようです。
また車輌お預かり時ECUにも故障診断コードが入っておりました。
やはり内部で何か起きているようです。

こうなるとよしっ!と気合が入ります。
中略致しますが結果からも仕上げますと80%は良くなったそうです。
残りに関してはまだ今回修理した以外に多少の問題が残っているのかもしれません。
また、修理後ですから以前のあたりが癖付いている場合も有ります。
今後改善していく可能性も秘めてはいますので様子を見ていただくしかないかなと思います。

いずれにせよ80%も改善したのであれば良かったかなと思います。
またRK1のエアコンのコンプレッサーの負荷がとても大きくなっていたのが
びっくりしました。

このクラスのエンジンでコンプレッサーの負荷でエンジンブレーキが掛かってくるのはいかがかなと
思います。

RKのオーナーさんも同じように感じる方多いのではないかなと思います。

以上のような症状の方いましたらご相談に乗りますのでいつでもご来店、ご相談ください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は東大和市よりエディックスのT様がAT内部洗浄で
ご来店頂きました。
大変綺麗に維持されて大事にしているなという印象です。

気に入られていますので今後の事を考えて、今はやりのリセットするつもりで
AT内部洗浄をお勧め致しました。

またパワーステアリングオイルの劣化も酷く、タンク内で気泡が立っておりました。
オイル劣化が酷いようですので同時交換させていただきました。

洗浄後のATはやはり特性が変わったように思います。
これで寿命も大分延びたのではないかと思います。

今後のメンテナンスもお任せください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は千葉県柏市よりエリシオンのK様がAT不調で
ご来店頂きました。
どうも高速走行中ギヤが抜けてしまうような事が有るようです。

正直トルコン大丈夫かなと思わせる言葉。
オイルをみますとことし春頃ATF交換したらしいですがエッ?と思うような
状態。
今現在12万km。
ことし春以前の記録では6.9万km時交換履歴あり。

全くやっていないわけではないがきちんと交換されていなかったように思います。
初回交換であったならそれはそれで遅すぎましたね。
このクラスなら相当ATに負担も掛かっていますから部分交換ならとんでもないと思います。

ディーラーさんも解かっちゃいるけど怖くてできない。
また良くなればなったで新車販売につながらないのでジレンマでしょうが
でもこれ本音です。

本気で治す気は無いという事でしょう。

ヘビーな車になればなるほどATメンテナンスは重要だと認識した方が
賢明です。

特にホンダ車はFF車ですから全てが前に重量が掛かっているの
動力への負荷は大きいという事です。

今後から定期メンテナンスを欠かさずに。

ありがとうございました。

次のお客様は埼玉県比企郡よりオデッセイのA様がエンジンマウント交換で
ご来店頂きました。
以前ミッションマウント交換をさせていただきましたがその際フロントマウントに
亀裂が有ることが判明。
部品手配が間に合わない為今後交換して下さいという事でしたが
今回再度当店でのご依頼を頂きました。

また、フロントスピーカーがたまに音が出ない事が有るという事で
こちらも点検の御依頼を頂きました。

ドアの内張りを外しスピーカーを点検しますとコーン紙は問題ないのですが
スピーカー裏のコネクター部分に雨が降ったり、洗車すると水が伝って濡れてしまっています。
原因はこれかどうかわかりませんが念の為防止処理だけして様子をみてもらいます。

またエンジンマウントは交換後振動は解消されました。
よく点検しますとRBはフロントマウントの亀裂が入っている車両がほぼ100%に近い程
見かけるようになりました。

交換しておいた方が良いかと思います。放っておくとリアマウントも切れてしまう事になり
費用も倍以上になります。

早めの交換が良いかと思います。

ありがとうございました。

今回はメンテナンスの重要性をテーマにしてみましたが
当店で修理後全員とは言いませんが(残念ながら対処が遅く良い結果が得られない方も居ますが)
改善された方はその後のメンテナンスをキッチリされている方が大変多くまた、そういう方はどんどん距離や
年数も伸びておられる方が多いです。

また残念ながらAT載せ替えになられた方も当店でミッション交換された方全員すぐに壊れてしまったという方
はおられません。
当店で管理させておりますが皆様元気に良い状態で乗られています。
すでに交換後10万km経過などという方もおられます。

載せ替えしたが1年経過後辺りでまた壊れたとか1年もたなかったとかいう話しも耳にします。
ではいったい何が違うのか?
それは根本的に全く違うという事です。

詳しい話を聞きたい方は1度御来店ください。
安い高いの話ではないと思います。

と今日はこんな感じでした。

最後までお付き合い有難うございました。

今週は臨時休業もはさみますがどうぞ宜しくお願い致します。

また次回お楽しみに!

つづく・・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です