【夏季休業のお知らせ】

 

平素より弊社をご利用頂きまして誠に有難うございます。
誠に勝手ではございますが8月11日(水)より8月16日(月)は夏季休業とさせていただきます。
また、8月10日(火)及び8月17日(火)、8月18日(水)は通常定休日となります。
前後で定休日が入りますので、営業開始は8月19日(木)となりますので宜しくお願い致します。

暑い日が続きますがお車での事故、故障などによるトラブルには気を付けてください。
良い夏休みが送れますよう注意してください。

 

ACURA TSXが入庫しました

こんにちは。
梅雨入りしてからパッとしない天気ではありますが
ザーザーぶりの雨は無い為過ごしやすい毎日を送っています。

車の修理では雨が1番嫌ですからね。
工場は水浸しになるし、我々整備士もツナギが濡れながらの整備は
そりゃ嫌なもんですよ。

ですから今日みたいな天気が1番いいですね。

さて昨日は群馬県と茨城県からご来店いただきました。
まずは群馬県よりACURA TSXのT様がATF交換でご来店いただきました。
久しぶりに本物をみましたがやはりかっこいいですね。

先日当店でも同じ型のアコードタイプSを当店のお客様に販売したばかりです。
ACURA TSXはエンジンが違うんですよね。
K24は同じなんですが何か違うんでしょうね。

もう82000マイルですが毎年ホンダでATFの交換はしているようですが
最近変速の際ジャダーが出るようです。
そこで当店にメンテナンスのご依頼となりました。

ATFを抜いてみましたが鉄粉はさほど付着は無かったですが汚れは相当なもんでした。
毎年交換はされてはいますが毎回部分交換だったと思われます。
これでは交換したとは言えないです。

今回は洗浄は必要ないですがしっかりと全量交換いたしました。
結果ジャダーも出ずシフトタイミングも上々な結果でした。

これならまだまだ頑張って乗れるでしょうね。

大事にしてください。

ありがとうございました。

そして次のお客様は茨城県よりN BOXカスタムのK様が
CVTメンテナンスでご来店いただきました。
結構乗られるようでもう115000kmに達しています。

お知り合いに方が当店をご利用されている方でご紹介されたようです。
大変ありがとうございます。

今まで1度だけホンダでCVTフルード交換をしているようですが
今回は当店での内部洗浄をご指名いただきました。

NシリーズのCVTフルード交換は意外に大変でして
ターボ車になると直という感じです。
ですのでホンダではもちろん部分交換が当たり前ですね。

で1番気を付けたいのが最近NシリーズのCVTが異音の発生がたくさん出ておりまして
モーターのような音ですがこれが出ますと基本CVT本体交換しないと消えません。
ですから今乗っている方でCVTフルードを交換した事が無い、交換はホンダでやった、
中古車で購入したが前オーナーの記録が全くないという方で今現在音が出ていない方は
すぐにでもCVTフルード交換をしてください。
もちろん純正のHMMFですよ。
先にも言いましたがホンダでCVTフルード交換したがという方は安心しないように注意!
大半の方はホンダで行ってはいましたが・・・・という方ばかりですので。

注意喚起です!

話は戻しますがやはりフルードを抜いてみましたらすごく酸化しているのか
キャビテーションの発生が多くみられます。
相当劣化が進んでいるようです。

今回はしっかりと内部洗浄を行い溜まった汚れも全部洗い流して綺麗にしました。
これでようやく安心できる状態になったと思います。
一旦リセットしたので次回からは定期交換を行っていけば大丈夫です。

また次回の交換の際宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

 

つづく・・・・。

今日は人気のスパーダ

こんにちは。
今日は晴天に恵まれてよかったです。
夏を感じますね。

今日から緊急事態宣言解除!
仕事も早めに切り上げて居酒屋に繰り出す方多いのでは?
人数制限が厳しいので(表向き)あまりどんちゃん騒ぎにはならないか?

理性をもって飲みましょう!

さて今日は人気の高ーいRK5スパーダの後期型を朝から作業中です。
中古で買われて前オーナーの記録が一切無い為CVTのフルード交換記録も
不明の為当店に点検のご依頼です。

後期型からはミッションが変わったためレベルゲージが無くなったので
ちょっっと汚れを点検という事が出来なくなりました。
ですので点検イコール交換という流れになります。
また、初めての交換だったという場合は汚れ具合や走行距離によっては
内部洗浄を行わないと危険な場合もあります。

特に中古で購入したばかりのケースの場合すぐおじゃんになってしまっては
最悪ですのでここは費用は掛かってもしっかりと作業してもらう事先決ですよ。

CVT交換なんてケースになったら35万~45万くらいになってしまいますからね。
あとに回せる整備ではないので注意してください。

この方のスパーダもそのケース。
抜いてみましたら(ドレーンボルトを外す段階ですぐに判りましたが)
濃い麦茶色のフルードが泡立って出てきました。
すごいキャビテーションです。
相当酸化してしまったフルードでした。

鉄粉もそれなりに多く付着しておりました。
これは洗浄コースです。


また同時に発進時にノッキングをするという事ですので
コイルを外して点検、プラグも点検。
こちらもプラグは未交換でした。
コイルはリークも無いようですのでプラグのみ交換します。
DENSOのイリジウムプラグ タフです。
プラチナタイプですね。

他異音などありますがまずは走れる状態にしてからの作業です。
今日はこんな感じです。

きっとこのスパーダ発進加速が滑らかに、且つ力が上がった感じになることでしょう。
出来上がりが楽しみな1台です。

 

明日は定休日です。
整備のご依頼や相談の方はメールでも受付しておりますので
宜しくお願い致します。

つづく・・・・。

ようやく緊急事態宣言解除・・・・・?

こんにちは。

相当久しぶりのブログですね。
なかなか書かなくなると書けなくなってしまうものですね。
今日はアップしようとか思っても何故か今日は辞めとことか
思ってしまってなんなんだろうと自分で考えたりしていました。

結論はやはりコロナ過での緊急事態宣言などですべてにおいて自粛してしまう
自分がいたわけです。
ブログを書くことによって当然ですがお客様を誘致するといったことに繋がる
訳で、誘致はしたいがこちらから誘致は控えたほうが良いのではないかとか考えてしまっていた。

当店にご依頼いただくお客様たちは地元や東京の方たちだけではなくむしろ
他府県の方の方が多いと思います。
東京は感染拡大しているから危険と感じる方も多いですがそれでも修理や車検も
依頼したいといっていただけるのは本当に感謝ですが、こちらも感染予防対策は万全にしてはおりますが
でもどこでどうなるかは全くわかりません。

ですのでどうもブログをアップするという行動に躊躇していたように思います。
今回緊急事態宣言解除にはなりますがまだまだ規制は高いままですので
気を緩めず営業はしていきたいと考えます。

今年に入ってほとんど緊急事態宣言下だったのですが、ブログアップはしていませんが
ちゃんと営業はしておりましたのでご安心ください。

あるお客様からは営業していますよね?とお電話いただいたことが数件ございました。
大変ご心配かけているのだなとつくづく思いました。
でも何かあればHPでお知らせは致します。

5月連休明けから6月入ってさすがに忙しさは減りましたね。
急ぎの作業に追われることが無いのでのんびりと作業をしております。
こんな時はなぜか車の販売がぽつりぽつりと出まして空いている穴を埋めてくれています。

納車待ちが新古車のステップワゴンスパーダのクールスピリットや
ライフのディーバスペシャルなど。
ちょこちょこ車の販売もしておりますので良かったら展示車もありますので
覗きに来てくださいね。

HPに出ていない車もたくさん?ありますよ。
当店はカーセンサーやグーネットには掲載しておりませんので当店のHPもしくは
ご来店していただかないと見れないデメリットもありますが、なかなかの出物もありますので
良かったら見に来てください。

昨日今日はこんな感じの車の整備が入ってます。

相変わらずATやCVTの修理依頼はたくさんご依頼いただいております。
また、だいぶメンテナンスの必要性を理解していただくようになったのか
フルード交換や内部洗浄のご依頼が増えてきております。

大変良いことだと思います。
口が酸っぱくなるほどブログで訴えて来たことが今は認識してもらえるようになったのかなと
ホッとしております。

これからもご依頼お待ちしております。

 

つづく・・・・

【臨時休業のお知らせ】

平素より弊社をご利用頂きまして有難うございます。
誠に勝手ではございますが社内行事により4月1日(木)~4月3日(土)は臨時休業とさせていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

【臨時休業のお知らせ】

平素より弊社をご利用頂きまして有難うございます。
緊急事態宣言再発例により誠に勝手ではございますが1月10日(日)、1月11日(月)は臨時休業とさせていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

【年末年始休業のお知らせ】

平素より弊社をご利用頂きまして誠に有難うございます。
誠に勝手ではございますが12月28(月)より1月6日(水)は冬季休業とさせていただきます。新年は1月7日(木)より平常通り営業いたしますので宜しくお願い致します。

今年1年間ご愛顧いただきまして誠に有難う御座いました。
本当に感謝しております。
また来年も引き続き宜しくお願い致します。
皆様も来年良い年でありますよう願っております。
皆様良い年をお迎えください。

 

おかしいと感じたら早めの対処を

こんにちは。
来週辺りからいよいよ冬を感じる気温になるそうです。
今年も秋が短かったような・・・・。

コロナウイルスも収束する気配もなくインフルエンザの流行もあるのでしょうか?
怖い世の中です。
アメリカ大統領選もすんなりとはいかない気配、これで大統領が変われば変わったで
世の中の情勢はまたおかしくなるような暗示も。

いったいどうなっているのでしょうか。

さてそんな中でも黙々と修理に没頭しておりますホンダオートプレイスです。
先月はまだまだ以前のような忙しさには及びませんが
それでも皆さん修理を依頼していただいておりますこと感謝しております。

今回は最近よくご相談を受けます事例や日々の修理内容をご紹介します。
まずは以前から度々ご相談を受けているのがフリードなどのCVTの異音に関するものです。
販売台数が多いからなのでしょうが発進時から速度ががるにつれグ~というかガ~というような
原付バイクの音のようなものが前から聞こえてくるという事例。
今これを見ている方もそうそう自分のもと感じている方も多いかもしれませんね。
これは治るのでしょうか?

答え、CVT本体交換です、トルクコンバーターセットで。

残念ですが基本交換と思ってください。
他車種では何台か止めた実績はございますがすぐに止まるものでもないため
こちらとしても絶対止まりますとは言えません。

今はこれ以上悪化しないよう対応はしております。
音を消したい、すぐにでもという方はただ1つCVT交換をしてください。
30~40万円(車種によって)はかかるでしょう。
中古車買ってすぐという方は大変不幸なことですがこれが現実です。
どうも他メーカーでも出ている症状ですがCVTならではの症状なのかもしれません。
それではなぜ異音が出るのかと言いますと、原因はただ1つ。

CVTフルードをきっちりと取り換えていないことによフルードの潤滑性能の低下
によるものと考えております。
お客様に整備状況をヒアリングしますとCVTフルードは取り換えた記憶があるなど
おっしゃいます。
しかし履歴をみますと確かに1度取り換えていますが全容量交換ではなく
部分交換という事が多々。

また1回目の交換が遅すぎてなお且つ部分交換だったりまたその逆で
1回目が早かったが部分交換でそれ以降行っていないなどが多くみられます。

もうあまりディーラーにCVTの管理やATの管理はさせない方がいいかもしれません。
こんな事例がたくさん出ていても対応は変わらないと思います。

今この記事を見た方はあとで整備記録簿を確認してみてください。
交換部品の一覧にHMMFとかZ1とか書かれていてその使用量に
3~4L程度の量であれば部分交換という認識を持ってください。
トルクコンバーター付きATやトルクコンバーター付きCVTは
6~8Lが内部容量となります。
ですから全量交換するにはそれ以上の使用量となります。

あくまでも参考までに判断、確認してください。

という事で最近ほんと多い相談の為紹介しました。

それでは最近の事例に移ります。
千葉県松戸市よりステップワゴンスパーダ(RK5後期型)の
S様より走行中キーンというかフイーンというような音がするという事で
ご来店いただきました。

左側に壁などがあると聞き取りやすいという事でテストを行いましたら
確かに聞こえてきます。
常時だという事でブレーキの引きずりなどではない音、アクセルを踏んでいるときが
聞こえてくることからやはりCVT内部の音です。

以前にもATでしたがそういう経験がありましたのでわかりました。
これはトルクコンバーターから出ている音、ポンプやタービンフィンの
音だと考えます。

個体差はありますが多少は音は出ています。
しかし走行中に聞こえてくるようであればそれなりに外部からも確認ができるほどの音が
出ています。

表立って異常な症状がないならさほど問題はないと思いますが
将来を考えますとやはり何か対応はしてあげなければなりません。
当店ではフルードの全量交換又は内部洗浄を行っております。
これですぐに消えるとは考えませんがフルードの流れや潤滑機能は
上がりますのでトルコンの負担は軽減すると思います。

もしこのような事例が当てはまるようであれば上記の対応をしてみるのも
良いかと思います。

今回は内部洗浄で対応させていただきました。

後日S様からメールをいただきまして音がシューンという音に変化し
音の大きさも1/5程に低下しましたという報告を受けました。
大変良かったと思います。

これからは定期的交換をして長く乗っていただければと思います。

ありがとうございました。

そして次の事例です。
豊島区よりモビリオスパイクのA様から
発進時のジャダーとガキンという音がするという事で
修理ご依頼されました。

症状は常時出ているようですぐに確認ができました。
CVTの状態が相当悪いのではとはじめ思っておりましたが
実際に確認しましたら原因が2つであることがすぐに判明いたしました。

1つはジャダーですがこちらはCVT本体、もう1つはミッションマウンティングの
亀裂、損壊でした。

CVTは修理対応で解決いたしました。
ガキンという音はミッションマウンティングが原因ですが
他サイドマウントやリアマウントを確認しましたら
リア側も亀裂あり、エンジンサイドマウントは硬化、痩せでこちらも
合わせて3点交換させていただきました。

この当時のモビリオ、スパイク、フィットはこのようなことになります。
エアウエイヴは形状が違っていますので(おそらく対策されたんでしょうね、後発の強み)
このようなことはあまり起きません。
この冬場エンジン始動後インパネ周りが騒がしく感じたらマンティング交換時期です。
静かになりますので試してみてください。

修理後はすっかり静かになり、走行も発進時からスムーズですので
他人の車に乗っているような感じを抱いたのではないかと思います。

これで他に影響も出なくなると思います。

ありがとうございました。

そして次の事例です。
青梅市よりフィットのI様が滑るような症状が出たという事で
修理ご依頼いただきました。

この症状はたまにお受けしています。
低速域だったり、高速域だったりする方がいらっしゃいます。
普通に考えればCVT交換となりますが当店では修理します。

また、再現テストしている最中他の症状も出ているこちが判明。
その症状とは点火系特有のノック症状です。
こちらも併せて修理することになりました。

CVTの方は初めは再現出来ず、ロングテストを行なっていましたら
20h/kmあたりから振動が出始めました。
これも滑る症状の初めに出てくる症状です。

これをもっと走り続けると滑って更けあがるような症状が出たと思われます。
これをもって修理に移ります。

修理後は更けあがる症状や振動、またノック症状もすべて出ません。
これで大丈夫です。

ありがとうございました。

このような奇妙な症状は何もめったにない症状ではありません。
当店ではたくさんの事例の中でもよく見受ける症状です。
万が一このような症状を経験しましたらすぐにご依頼ください。

修理対応いたします。

お任せください。

つづく・・・・。

 

 

 

大変ご無沙汰しております!

こんにちは。
コロナ過の状態で皆さんちゃんと対策してお仕事されているかと思いますが
大変じゃないですか?

私も大変です。
工場で作業中はさすがにマスクは外しますが、お客様が来店されればまたマスクをしての繰り返しで
面倒ですが今はまだ仕方ないですね。

早く収まってほしいものです。

このなかでも6月以降は徐々に忙しさを取り戻してようやく以前の状態に戻ってきた感じはします。
緊急事態宣言下ではなかなかブログのアップはしずらい為おとなしく営業しておりましたが
やはり修理の依頼は5月はどえらく落ちまして、宣言解除後は少しづつ取り戻しては行きましたが
すぐに回復とはいきませんでしたね。
7月に入りようやく忙しいな~という感覚を取り戻しました。

当店ご利用のお客様たちから〝やってる~!″なんて心配の電話もいただいておりました。
でも有難かったですね。
こんなうちでも心配してくれてるんだと。
ますます頑張らなくちゃと思いましたね。

という具合です。
当店は何とか取り戻せましたが、取り戻せず閉業されたりした方もたくさんいらっしゃると思います。
おそらくこれはまだまだ続き年末にはボーナス不支給という話も聞きます。
年末にかけてもっと大変な状態が出てくるような気がしてなりません。

皆さん乗り切っていきましょうね。
頑張りましょう!

 

そして当店の近況です。
今週は懐かしいJW1の車検整備やJB1ライフのパワステギヤボックスの交換、エアウエイブの
走行中滑り症状などの修理などを作業しておりました。
今日は車検で入庫のRB1オデッセイをせかせか作業中です。

千葉県のM様からのご依頼のトゥデイ
車検整備です。
今回はブレーキリフレッシュです。

埼玉県のM様からのご依頼のライフ。
走行中ガタガタと跳ねるような症状という事での修理です。
原因はギヤボックスのガイドが割れてしまってるんですね。
材質の問題だと思うんですがね。

あともう1つはリアのドアロックが開閉できなくなってしまうという症状。
こちらはアクチュエーターの力が弱まってしまって起こります。
こちらはアクチュエーター単体で部品が出ますので交換で完了です。


小金井市よりご依頼のエアウエイヴ。
こちらは発進後滑り症状です。
CVTはもともと滑りを利用して走行しておりますが
こちらはそれがもっと酷くなっている状態。

原因はHMMFに添加剤を投入してしまっていたことが原因。
もともとジャダーが出ていたのでCVTジャダー解消で有名な〇〇〇〇を入れたところ
すぐに解消したので良かった良かったと思っていたのですが
ある時からどうも力がないような感覚に襲われDランプも点滅し
それからはどんどん酷くなったという事です。

基本オートマ内部には添加剤は厳禁です。
このように同じ症状でのご依頼はたくさん受けております。
多摩にホンダカーズで入れられたというお客様や中古車やショップさんで
またはオート〇〇クスで入れたなども聞きます。

壊れてもいい覚悟があるならいいのですが、そんな方いないですよね((笑)
ちゃんと修理やメンテナンスをしましょうね。


羽村市より車検整備でご依頼のK様です。
今回はヘッドライトが暗いのでHIDバーナー交換やルーフモール交換
ディスクローター交換、ATF交換などたくさんの依頼を受けております。
きちっと作業しておきます。


以前と違ったご紹介方法ですがよかったらまた見に来てください。

また、沢山ご紹介したいお客様もたくさんいらっしゃるのですが大変申し訳ありませんが
今回は省かせていただきました。

なるべく沢山アップするよう頑張っていきますので、今後とも覗きに来てください。

 

つづく・・・・。